米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、翁長雄志同県知事は27日、県庁で記者会見し、前知事による埋め立て承認を撤回する手続きに入ると表明した。政府が8月17日に予定している埋め立て海域への土砂投入を阻止するのが狙い。県は防衛省沖縄防衛局に対し、行政手続法に基づく聴聞を行うと来週通知する。政府は法的措置で対抗する方針だ。

 翁長氏は会見で、撤回手続きに入る理由について、(1)防衛局が全体の実施設計や環境保全対策を示さずに着工した(2)埋め立て海域で軟弱地盤が見つかり護岸崩壊の危険性がある-ことなどを挙げた。その上で「埋め立て承認の効力を存続させることは公益に適合しない」と指摘した。

 沖縄県は2015年10月、前知事の埋め立て承認に「瑕疵(かし)があった」として取り消したが、最高裁はこの判断を「違法」と結論付けた。撤回は承認後に生じた事情により効力を失わせるものだ。

 翁長氏は膵臓(すいぞう)がんを公表し治療中。11月18日投開票の知事選への対応については「一日一日公務を遂行するために頑張っていきたい」と述べるにとどめた。

 埋め立て承認が撤回されれば、政府は工事の法的根拠を失い、中断を余儀なくされる。このため撤回の効力を失わせる執行停止の申し立てや取り消しを求める訴訟を起こして対抗する方針で、知事権限の乱用だとして翁長氏への損害賠償請求も視野に入れている。

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、「沖縄県から何らかの通知が来れば、法令の規定に従い適切に対応する。辺野古移設に向けた工事を進めていくという考え方に何ら変わりはない」と述べた。 

〔写真説明〕米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、前知事による埋め立て承認の撤回手続きに入ると表明した沖縄県の翁長雄志知事=27日午前、県庁

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、前知事による埋め立て承認の撤回手続きに入ると表した沖縄県の翁長雄志知事=27日午前、県庁


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.city.ginowan.okinawa.jp)


県民の意志でしょうか。

<このニュースへのネットの反応>

わかってたことだけど、明らかに日本の敵だよねこいつ


金かなぁ…


増税ですら決まったことだから実施されるのに止める法的理由もなく妨害工作。まさに民主主義の敵


沖縄特別自治区終身大統領


税金の無駄遣いの典型


沖縄に3千億つぎこんだ移転費用を、好き放題使いましたね  ほかの地方活性化に使えたら少子かも何とかできたかも知れないのに


思想信条で決まったこと反故にする行政の長など信用に値するのだろうか。そもそも瑕疵があったのならそれを理由に最初からそれで撤回の手続き取れよ。破れかぶれの最後っ屁にしか見えんぞ。発覚した時は言わなかったが……早よ*。


散々引っ掻きわました挙句に、体調不良で知事辞めますとかマジで止めろよ…! ここまでやったんだから、知事辞めても全責任負うくらい言ってみやがれクソ爺‼︎


結局この人は基地反対活動以外、何もしませんでしたね。沖縄県民の方々にとっては無駄極まりない4年間だったと思いますが、これも選挙結果です。今秋に行われる沖縄知事選で沖縄県の方は沖縄県にとって有益な知事を選択することをお勧めします。ま、他県民の余計なおせっかいかもしれませんが


沖縄はお前の私物じゃない


知事としての任期どころか、人生そのものが残りわずかだろうし、いよいよ形振り構わぬ手段に出てきそう


たった一人の知事の信条によって、ここまで国の行政が阻害されるのなら、地方自治のあり方をもう一度考え直したほうがいいな


*までやってろ・・・・というのが冗句になってないや。ともかく、生き恥を晒すってのはどうしようもないぞ


沖縄県民はもっと怒っていい。この3年間何もやってこなかったくせに、選挙が近くなってきたら「私はちゃんと仕事してますよ」アピールときた。オヅラのブサヨビジネスに踊らされてるんだよ、君たちは


前の代表がやったことは撤回自由ってどこぞの大統領みたいだな


自分が悪役になってまで得たいモノって何?


痩せたなぁ・・・あとちょっとだね♪


あまり健康でない人に向ける言葉ではないことは百も承知だが言わせてもらう。とっとと*!怒


最早余命の見えてしまった老い先短い政治家が自分の功績を残したくて無茶やってる印象。老害とは多分きっとこういう人の事。