中国メディア・中国日報網は7月31日、中国のハイテク最先端都市である広東省深セン市を訪れた日本人が「確かに中国に学ばなければならない」と深い感慨を覚えたとする記事を掲載した。

 記事によれば、この日本人はまず深センの国際空港について「今まで見た中でもっとも美しいデザインの空港だ」と評したという。そして、現地で有名な総合商業施設・深業上城を訪れた際には、全てのテナントが埋まってからようやくオープンする日本の商業施設と異なり、深業上城ではオープンから半年が経過しても、まだ半分程度の空き店舗が残っていることに注目。日本にはない中国式のスピード感が印象に残ったようだ。

 また、深センでは路線バスやタクシーの多くが電動化しており、現地では実際に導入してみて、生じた問題点を改善していくという「とりあえずやってみよう」という方針が存在すると説明。安全面でリスクはあるものの、深センは前進する足取りを決して止めることなく、常に新しい物を生み出そうとしているとした。

 さらに記事は、この日本人がアリババ傘下の生鮮スーパーを訪れ、オンラインとオフラインで同じように買い物ができるシステムに驚きを覚えたと紹介。商品の種類は多く、海鮮食品もその場で加工して、エリア内であればオンラインの注文ですぐに商品を届けてくれる体制が出来上がっており、値段は決して安くはないものの爆発的な人気を集めていると解説したことを伝えている。

 そして、最後にこの日本人が「深センに来るたびに変化があるという人がいる。確かにそうだ。日本も、万事整ってから出発するのでなく、失敗を恐れず社会の発展に向けて前進するという点を学ぶべきだ」という感想を残したことを紹介した。

 事前のリスク評価をおろそかにすれば、大きな事故が起こりかねない。しかし一方で、日本には必要以上に石橋を叩いて渡るのに時間がかかり過ぎているという一面も確かにあるだろう。日本には、「行けるところは行き、待つべきところは待つ」というメリハリが求められているのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
深センを訪れた日本人が「われわれは中国に学ばなければ」とため息をついた理由は? =中国メディア


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 4.bp.blogspot.com)


シンセンは、ほんとによかった。
いい街、都市だ。
中国(特別区だったが)の中でも、洗練さがはなはだしい。
上海よりも街としての洗練さは上ではないかって思います。
町並みは綺麗、統一感があるし、交通は便利だしね。
一度しか、行ったことないっすけど。
日本も学ぶ部分はあるんではないでしょうか?

<このニュースへのネットの反応>

日本人?


どうせ爆発オチでしょ、ある意味学んでるよw


いや、本当にすごかったよ。深圳は。本当にすごかった。東京すら霞むほどハイテク化してたし、治安も良かった。なんというか、都市単位で最新技術の実験をしているようで……自分がまるで田舎者のお上りさんになった気分だった。未だに中国を爆発ネタと結び付けて、下に見ている人間は、是非とも実際に見に行って欲しい。


爆発やら安全性の問題はあるけど意欲的な姿勢は見習うべきだと思うけどね今の日本は停滞しているという事については危機感を持った方がいいと思うそれこそ日本がアジアの先進国というプライドを持っているのならね


今中国には資本が集まってるからなんでも形にしようって勢いが本当にすごいバカにしてる人一度行ってみるといいと思うよ負の面も確かにあるけどとにかく実際にやっちゃおうって勢いで形になってるものが目の前にあると圧倒される


ソフトバンクが中国の自動運転を輸入したり既に侵食され始めてる。かなり危機感を感じてるし、BATJとか皆もっと勉強した方がいいと思う。


その前進し続ける姿勢は見習うべきでしょうね、私は絶対に行かないけど(健康被害的な意味で)。所詮環境への配慮や安全性等を犠牲にして得たものであり、現在の利便性を謳歌して未来の人達へ負債を残す*の所業。どの先進国もやってきたことだが中国はいろんな意味でワーストワン。


空港の美術的デザインなんざ誰も気にかけねっつの。「夜郎自大」って言葉を最近の中国では学ばないのか?


チャイナ礼賛もいいけど「とりあえずやってみよう」これは日本がもう通り過ぎた過去なんだよ。水俣病等の公害問題・年金を食い物にしたグリーンピア問題・ついにマトモに動くことなく廃炉になった文殊。とりあえず政権交代してみようの民主党。などなどなど。煽った奴は責任は取らない、ツケを払うのは国民。うんざり。


確かに深センは中国の中でもハイテク最先端で日本人も過ごしやすい地域と言われてるけど、そんなところでも停電が日常的に起きるのでハイテクが集中してるだけに余計危なくない?って思うところはある。


三和ゴッド


日本のような過密で権利・思想の自由が保障されてる社会では、計画がいろいろな組織の利権でゆがめられたり、反対のための反対の組織ができたりで、進むことも戻ることも困難になる場合があるから、新技術導入よりも人的協力関係の構築のほうが重要なんですよね。(干拓とか空港とか基地とか)


必ず「日本人?が登場」するのは、日本人に褒められたい心理の裏返し


待て待て、オープンから半年経過してテナントが半分って、それスピード感じゃなくて無計画なだけだゾ。一般に空きテナントが多い商業施設は売り上げが落ちる(空疎感から)もんだから張りぼてでも埋めておかなきゃ。ハイテクな玄関口がそれじゃまずいでしょ。


配達はやらないんじゃなくてできないんだよね。 人件費が違うから。 中国みたいに貧富の差が激しい国限定でしか成立しない。


この空港着いたときから行く先々記者についてこられてる「日本人」は何者なんだよ


「考える前に走れ」と旗を振れるのは中国が中国だからだろう、反対の声も不都合も全部踏み*るんだからさ


そうやって突き進んだ結果、水俣病やイタイイタイ病といった公害を産み出した歴史があるもんでね。中国はそこんとこ全部埋めちゃうから問題ないが(本来なら今頃そういうのに向き合ってなきゃいけない時期なんだが)ただ今進めてる中国のIT化は人民だっけかは一回立ち止まった方が良いと思うぞ。全員監視できる国が完成したらもう取り返しはつかん


見切り発車で箱モノ立てて半年たっても半分空き部屋って、マスコミさん、めっちゃたたきそうだな、日本なら。


まー実際人的出力桁違いなので今後どんどん負けていくとは思うよ