岡田准一が石田三成に扮する! 『関ヶ原』地上波初放送 - シネマカフェ
岡田准一と役所広司が、石田三成と徳川家康をそれぞれ演じ、国民的ベストセラーを完全映画化した映画『関ヶ原』が、6月2日(日)に地上波初放送されることが決定した。
(出典:シネマカフェ)


石田 三成(いしだ みつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。豊臣家家臣。佐和山城主。 豊臣政権の奉行として活動し、五奉行のうちの一人となる。豊臣秀吉の死後、徳川家康打倒のために決起して、毛利輝元ら諸大名とともに西軍を組織したが、関ヶ原の戦いにおいて敗れ、京都六条河原で処刑された。
68キロバイト (11,543 語) - 2019年5月5日 (日) 08:36



(出典 asp.hotel-story.ne.jp)


ほう。歴史を学び、活かす。べし。

1 樽悶 ★ :2019/05/19(日) 17:01:28.01


(出典 wedge.ismedia.jp)


※省略

 日本の太平洋戦争での敗戦の原因、特にインパール作戦のような兵站を軽視した戦いが実行された背景には、石田三成の存在があるのではないか……。

 こんなふうに書くと三成の子孫やファンに怒られるかもしれないが、この家人の出来事のあと、歴史上のイメージで真っ先に思い出したのがこの“太平洋戦争三成責任論”だった。

※省略

 三成について『戦国武将合戦辞典』(吉川弘文館)は、「武将ではあるが、その本領は軍事よりもむしろ吏務に長じ、五奉行中随一の実力者として政務の処理にあたり、内政面での功績が大きかった」としている。

 その一方で三成につきまとうイメージは戦下手。映画にもなった『のぼうの城』(和田竜、小学館)で三成は、水攻めなどを用いて忍城を攻めるも、結局落とすことができず、まさに戦闘では役に立たないような武将として描かれている。

 さらに三成のイメージを悪くしている一つに、文禄・慶長の役(秀吉による朝鮮侵略)での軋轢だ。奉行として渡海するなどした三成だったが、前線で戦うことはなく、その役目は食糧の輸送や戦闘状況をチェックしての秀吉への報告だった。報告の中には三成が処分を求めて実際に処罰されてしまった武将もいたものだから、加藤清正や黒田長政ら前線指揮官の武人派からは「ちくり」だと怒りを買ってしまう。

※省略

 ではなぜ、三成が太平洋戦争の敗戦に影響しているのかというと、またしても『戦国武将合戦辞典」の記述を拝借したい。戦闘能力が高かったとの記述はないが、「戦陣に臨んでも兵站関係や占領地の処理にその手腕を発揮した』とある。

■文禄・慶長の役でも兵糧が滞ることはなかった

 兵站とは、戦闘地帯の後方にあって食糧や軍需品の供給・補給などにあたる活動のことだ。いくら屈強な兵士を集めても腹が減っては力も出ない。どんなに武器の扱いに熟練していても、肝心の銃や戦闘機がなければ最新鋭のアメリカ軍には太刀打ちできない。

 三成はこうした兵站、つまりロジに長けていたというのだ。実際に、当時は前代未聞とされた20万以上もの軍勢を動員した九州攻めで兵站の役割をこなし、海を渡った文禄・慶長の役でも兵糧が滞ることはなかったとされる。

■「餓島」とも呼ばれたガダルカナル島

 太平洋戦争では多くの日本軍兵士や軍属が太平洋の島々などで餓死したとされる。その事例として挙げられるのが、インパール作戦や、「餓島」とも呼ばれたガダルカナル島での戦いだ。太平洋戦争全体の全餓死者数の公式記録はないものの、ある研究では200万人を超える軍人軍属の戦没者のうち、餓死・戦病死者は140万人にも上るという推察もあるぐらいだ。

 この三成と鋭く対立したことで知られる加藤清正は、日清戦争や日露戦争で清正を祀る神社や寺で戦勝祈願が行われるなど「軍神清正」としてあがめられることになったという。清正は朝鮮での虎退治や餓死寸前にまで追い込まれながら起死回生の勝利をあげた蔚山城の戦いなどの武功もあり、猛将と描かれることが多い(実際には熊本城築城や治水など行政手腕にも優れていたのだが……)。

 まさか、「清正のように食糧がなくても気力で勝てる」と昭和の日本軍が宣伝したことはないだろうが、現在でも陰湿なキャラ設定が多い文治派武将と比べて、清正のような猛将型武将は豪放磊落とどこかいいイメージで描かれることがしばしばだ。

 関ヶ原の戦いを契機として、戦争では勇ましさが好まれ、逆に三成のような兵站の重要性は省みられなくなったのではないだろうか。豊臣政権の五奉行のうち三成を含む三人が敗者となり、五奉行ではないが三成と同様に輸送や兵站で優れ、西軍の主力を構成した大谷吉継や小西行長も三成と運命を共にしたことも、兵站軽視思想に拍車をかけたのかもしれない。

 小西行長を描いた『鉄の首枷』(中公文庫)の中で遠藤周作は、「主計(会計)将校の孤独」という章をわざわざ設けて、「輜重(武器、兵糧などの軍需物資)部隊の指揮官であることが前線将校の侮蔑を受ける」と記している。

 これは、明治維新以降、軍隊が近代化してからも、陸軍士官学校、海軍兵学校など前線指揮官ことこそが花形であり、遠藤は「主計将校を幼年学校や陸士出将校たちがむしろ軽侮の眼で見たのは日本陸軍の伝統」として兵站を扱う人材は脇役であり続けたことと重ね合わせている。(続きはソース)

2019年5月19日
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16169





35 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:13:23.90

>>1

いつの時代も縁の下の力持ちは評価されず責任を押し付けられる国が日本ということだな。

アメリカなんかその点凄いよな。

常に平坦を考えている。

だからあんな巨大な艦隊が世界中を守備してられるんだよな。


57 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:19:22.54

>>1
面白かった。
こういう視点、良いね。


66 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:21:42.36

>>1
バターンの行進も忘れるなよ
東京オリンピックで 何人が犠牲になるかだし
一人も出なかったら 誉めてやる


72 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:23:48.44

>>66
東京五輪のマラソンは早朝5~6時の開催だってよ。
まあ、英断だわな。


2 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:02:15.89

諸君、佐藤烈兵団長は、軍命に背きコヒマ方面の戦線を放棄した。
食う物がないから戦争は出来んと言って勝手に退りよった。
これが皇軍か。
皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。
兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。
腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛みついて行け。
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。


36 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:13:28.28

>>2
これを地でいったのが、原発事故対策にあたった、平成の牟田口廉也こと菅直人。

現場対応の自衛隊隊員や東電職員への恫喝、思いつき作戦の連発、失敗すれば責任転換と、しまいには官邸官僚からもそっぽを向かれた。

菅直人のどや顔は歴史の教科書に載せて、後世の教訓とすべし!


3 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:02:18.67

まぁた、ウェッジか


4 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:02:19.71

どっから石田三成が出てくるねん
*や


5 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:02:23.54

犯人はキム,


6 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:03:00.12

士官学校の成績順で年功序列の組織にしたから


7 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:03:09.04

東軍においては本多弥八郎


8 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:03:26.95

三成の悪口はやめろ!


9 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:05:08.76

牟田口みたいな奴がゴロゴロいたからだよ
まぁ三成が無能なのは確かだが


10 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:05:09.84

光成が天才すぎたのか


11 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:05:59.56

農村だらけで狭い日本なら、食料は強奪で現地調達するのが手取り早い
朝鮮半島のような農業すらまともにできない国で現地調達が通用しなかったので、豊臣も日本軍も海外で餓*る羽目になった


12 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:06:06.76

ガダルカナル島の戦いは陸軍は補給の重要性を承知してたけど、肝心の輸送船団が撃沈されまくったから餓島になったんだろ…
そうでなきゃ海軍に要請して鼠輸送や潜水艦によるモグラ輸送なんてやらない


20 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:08:09.37

>>12
制海権、制空権は必要


23 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:09:50.71

>>12
そもそも補給を重視するならガダルカナルに兵を派遣したりはしない。
豪軍は物資は全く潤沢ではなかったが、それでもニューギニアでは日本軍に大量の弾薬を浴びせる近代線を行うことができた

単純な話、補給態勢が整うまでは攻勢に出なかっただけなんだ。


28 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:10:59.90

>>23
陸海軍中央協定あるから仕方ないだろ、派遣しなきゃ


13 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:06:07.81

昭和の軍人が外国人に対して悪いことをしたかどうかは考え方によるけれども
日本人を徹底的に痛めつけ無数に*た(無駄に*せた)のは事実だから仕方ない


14 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:06:12.93

三成は愛


15 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:06:20.88

関ヶ原は、池田、浅野、京極とイチモツでの大名が勝利やからなぁ。大東亜戦争とは関係ないと思うの。


16 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:06:22.71

糧食を朝鮮人足にパクられて責任とって腹切った士官もいたのに責任論だけ先行させおって


17 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:06:57.50

てめえらでちゃんと反省しろよ


18 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:07:46.21

補給を軽視するから


27 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:10:57.52

>>18
そもそも人命軽視だしな
貴様の命なぞ鳥の羽より軽いのだから*でこい
全てこんな理念の下に作戦立てられてるのだし


19 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:07:49.54

忖度がありますから


21 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:08:37.45

ニュースじゃないことを置いといても
これだけくだらねえ記事でスレ立てする阿呆は度し難い


22 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:09:23.79

流し読みして意訳:
日本人の兵站軽視は秀吉の頃から
という日本ディスり


24 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:10:02.29

陸軍はノモンハンの教訓で消耗戦行けるようにパイロットを結構揃えてた 
海軍は飛行機の数の150%が定員

陸軍の基本的な弾薬備蓄量は奉天会戦のような会戦数回分
海軍は出師準備で船に機銃弾積み込んだら備蓄がなくなった


25 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:10:13.26

インパールもガ島も補給を確約した海軍が悪い


32 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:12:59.38

>>25
アッツ島も海軍が補給には自信ありっていうから長期確保にしたら
霧で補給できません(´;ω;`)→玉砕だからな


26 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:10:34.14

人件費を軽視するから
技術力軽視してコミュ力笑を主戦力にするから


29 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:11:35.92

WW3は勝とうぜって話か


30 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:11:38.74

戦争予算の6割7割大陸にぶっ込んでるのに
対米戦なんてオマケやぞ。
国力何十倍者相手に総力戦でもなく2割3割の予算で相手するとかもうねアボカド


49 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:21.82

>>30
予算のうち7割が軍事費→日中戦争
予算のうち9割が軍事費→太平洋戦争
だからな
普通に対米戦争なしでも破綻して中国に負けてたと思う


71 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:23:37.94

>>30
アメリカと戦争をするかしないかの、最終御前会議にて

陸軍『海軍が、米国との戦争なんか無理だと言ってくれるだろう』

海軍『陸軍が、中国で手一杯だから米国との戦争なんて無理だと言ってくれるだろう』

・・・会議終了後・・・

陸軍・海軍『おいおい、あちらさん、正気かよ・・・』


31 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:12:30.55

米軍も兵站無視の例はいくらでもあるんだよなぁ…
結局国力よ


33 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:12:59.44

A級戦犯が*で無能揃いだったせいだろ


43 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:15:00.74

>>33
BもCも似たようなもんだよ


34 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:13:03.32

無能の代名詞/牟田口廉也


37 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:13:35.76

今で言うアマゾンみたいなロジシステム構築してたんだってな


38 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:13:41.80

サラワケット越えみたいな悲惨な行軍ばっかじゃ負けるのも当然


39 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:14:22.87

何だ、この恥ずかしい話は。

石田光成をけなしてるようで、その実は褒め称えてるからたちが悪いね、この朝鮮人。

石田光成が内政?w 豊臣秀吉が大事な事は全部自分でやってたろうがw

戦下手として描かれている?w 実際に戦下手で臆病な知恵遅れだろうがw

本当にこの手の人間は最悪だと思いますね。そもそも”ちくり”なんて言葉からしてね。


40 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:14:29.77

人のせいにするのはやめようぜ
精々勇ましいことを言って
現場に責任を押しつける奴ほど出世した
人事考査制度の問題だろ

今も日本企業ってそういうところあるよね。
時間内に仕事が終わらずに残業が行われるのは
現場の責任ではなく,
適切なマネジメントを行わない経営の責任なのに。


46 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:16:08.05

>>40
今の日本の大手でマネジメント力のある奴なんていないだろ


41 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:14:41.72

技術者を軽視した現代日本の*文系みたいなもんですなz


42 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:14:54.39

今も兵站無視の政策が続いているよねwwwwwwwwww

日本はwwwww

少子高齢化。

兵站がガタガタになってきているのに借金まみれの財政に手厚い社会保障wwwww

まあバカは*なきゃ治らないってやつかな。


44 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:15:10.32

神風が吹けば、コメが飛ばされて来たはずなのになぁ


45 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:15:45.09

朝鮮出兵でも滞ってたろ


78 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:25:00.71

>>45
同時代のヨーロッパを見れば分かるが、そもそも兵站なんて結構なものがあること自体が、あの時代としては非常に特殊な事。
同時代のヨーロッパの軍隊はほぼ完全に現地徴発に頼っていたから、軍隊は一筆書きの様に徴発されていない土地を探して行軍し、籠城されれば兵糧攻めをしている側の方が飢餓に陥る方が普通だった。
むしろ、そうした環境だから欧州はナポレオンの大陸軍以来、兵站組織を充実させてきた訳で、軍事経験が国内戦に限定されてた日本の軍隊にはそういう発想が希薄だった。


47 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:10.39

人命無視の究極が9条精神


48 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:17.04

日本人は根性を食って生きてるからなww


50 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:38.32

不合理でも積極性やヤル気を見せた方が評価されて、合理的理由があっても消極的な姿勢だと評価されないのは、今の日本も基本同じ。


51 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:40.60

三成軍は島左近を雇ってから強くなったんだけどね
関ヶ原でも三成軍は細川忠興軍・加藤嘉明軍・黒田長政軍と互角に戦った。
島左近が討ち死にし、小早川秀秋裏切りで壊滅したが、弱いということはない。


52 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:44.72

義務教育で読ませるべき、「失敗の本質」


53 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:51.53

石田三成が兵站に長けていた?w

事務仕事しかしてない儒教かぶれのおべっか男が兵站に長けてるわけないだろう。

当時は”兵糧”と読んでましたが兵站に長けてたのも秀吉であり、黒田官兵衛のほうでしょう。

鳥取県の兵糧攻めなんかそのものだからね。経済政策で相手の資金を枯渇させ補給を断つというのは

当時は斬新な作戦ですよ、直接的な兵站の分断だったら古代ヨーロッパや中国でもあるけどね。


54 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:17:59.00

朝鮮はマジ汚くて
「汚くて嫌だ、早く帰りたい」とある武将の記録に残っている。


55 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:18:00.65

ガ島といえば百武賢兼の子孫が指揮官してたな


56 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:19:16.57

三成は実は発達障害で、優秀な一方で空気を読んだりコミュニケーションが苦手だったという説を推す


77 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:24:50.90

>>56
経営者に良くある資質だな。公務員も優秀とか言われてるが無能だから公務員になるしか道が無い奴しか公務員にならない。


58 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:19:36.01

加藤清正と言えばパク・キョンベ


59 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:20:06.18

南太平洋で*だ兵士の半分以上は餓死です
日本の軍事官僚は大*です
こいつらは上級官僚でした
当然、牟田口廉也 もです
作戦能力もカス
自らが最前線で指揮すべきだっのに
後方で口だけ
キンタマ野郎


60 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:20:09.03

いまだって企業の不振の責任は下の人間にとらせるだろ
ほんとは上を刷新したほうが企業が生まれ変わるのにな


61 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:20:13.24

牟田口の名誉回復させるための恩情人事作戦だろ。インパール落としても戦略的には
意味がない。石田三成は小沢一郎みたいなもんだろ。気がつきゃ若くして奉行の筆頭
みたいになって空回り。早い時期に自分が前面にでて失敗すりゃよかったのよ。


94 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2019/05/19(日) 17:28:20.56

>>61
阪神大震災とか被災は無視で

俺の真似で失敗を許されないような潜水艦護衛艦の整備で失敗を許す

なんなんだあんた


62 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:20:19.12

日本人だけが兵站が下手と思ってる奴が多いけどどの国でも自分の国が兵站が上手いなんて思ってる奴はいないぞ
地球上の生物で兵站が上手い生き物なんていない、生き物ってそういうものだよ


63 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:20:25.66

兵站の問題か
どこまでも国土を広げて支配しようとした事にあるんじゃないか


65 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:21:25.66

>>63
これだわな
8000km離れたサモアとか
ハワイ占領を真面目に考えてたし
アフリカまで行ってるし


64 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:21:19.38

作戦の神様、辻政信大佐がひとこと↓


67 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:22:15.29

石田三成が人望と実力をかねそろえた

秀吉の重鎮たちに配慮ができる男だったらそもそも裏切りなんか出てないワケでね。

黒田家も反旗を翻したりしてませんから。

徳川家よりも人望がないからあんな作戦で敗れるのです。

私は自分の先祖が黒田藩の武士だからって感情的な分析はしてないからね。

私は常日頃言っている、感情は考え抜いた結論にこそ込めるべきだとね。

本当にこういう上辺だけのしょうもない分析しか出来ない連中が日本をおかしくしてるんです。


81 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:25:56.15

>>67
まあ、確かに人望があれば裏切られたり暗*れそうになったりはしないよねえ。
単に嫌な奴だったと思うな。
大大名や秀吉の子飼いからも命を狙われてる*。徳川家康のほうがよっぽど信頼得てたんだろうな


68 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:22:19.34

三成の能力はまた別だろ?あの当初、家康に戦挑むのが無防としか思えない。

戦を回避出来ない頭は他の策が尽きたから武力闘争するしか道がない。


69 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:22:35.74

人は記憶型と思考型に大別できる

兵站問題か・・・・
これね、日本は中世からずーーと、ずーーーと、ずーーーと弱い
現在の自衛隊も長期戦ができない
食料・弾薬の備蓄がほとんどないと思うぞ


89 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:14.26

>>69
兵站だけでなく、戦略も外交も兵器開発も大体がウンコだろう
良いところは戦術だけが異常に強い、兵隊が自*る気で戦う、その一点だけ


91 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:32.50

>>69
インドとパキスタンで戦闘機落としあったときインドの弾薬不足が話題になったけどパキスタンだってどうかわからない。
韓国が自衛隊の弾借りた事件もあったし、情報が出てきたらほとんどの国が弾薬とか備蓄不足でビックリするんじゃないかな。


100 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:29:19.82

>>69 の続き

原因はね・・・・民族対民族の戦争をしてこなかったためだと思う
異民族における戦争は食料を100%自前で確保しなければならないからね
それに大規模な戦争も少ない*


70 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:22:57.43

三成に子孫おらんやろ
9族皆*にしたんちゃうんか?


86 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:05.18

>>70
津軽に残ってるぞ


73 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:23:49.30

関係ない


74 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:23:57.20

氷河期世代の背景も石田三成だよ


75 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:24:43.31

石田三成がそんなに有能なら
西軍は決起なんかせずにそのまま会津征伐をやらせておけばよかったな
兵糧不足で会津征伐軍崩壊してたかもしれん


76 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:24:50.79

これだけは言える
安倍チョンが指揮をしていたら、ネトウヨ以外は全員速攻裏切る
上級国民が得するだけだらな


79 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:25:22.93

ムチャ口中将「ぼくのかんがえたインパール作戦」
・食料は現地徴発によるべし ← 人住んでません。
・現地の牛に荷物積んで途中で食料にすれば一石二鳥。名付けて「ジンギスカン作戦」。 ← それ水牛。


98 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:28:34.26

>>79
無駄口ばっかり貶められるが、他の連中も上から下まで似たような思考回路じゃなかろうか。
石原莞爾みたいなのは速攻干されちゃうしな。


80 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:25:55.13

関が原の戦いなんか兵站以前の問題だからね。

主戦はせいぜい数時間かそこらで決着がついたらしいからね、あっという間です。

徳川方が”兵は拙速を尊ぶ”という古代の兵法に忠実に綺麗に勝った戦争であってね。


90 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:13.92

>>80
あの時代、移動するだけで時間がかかるから
朝方だけで終わるなんて、ほとんど開戦と同時に崩壊している


82 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:26:06.01

牟田口は*まで「全て部下のせいだ」とパンフレットを作って配っていたクズ


83 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:26:52.35

蕭何「せやな・・・兵站は大事やで」


84 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:01.46

で、兵站重視してたら勝てたの?
どっちにしろ負けなら無意味な批判だと思うんだけど


96 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:28:29.82

>>84
まあ、負けてたな。兵站を重視してたら速攻戦ができなくなり、アメリカやイギリスがガンガン生産して猛反撃してくるだけだ*。
ただ、軍人として情けない悲惨な餓死は避けられたかな


85 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:03.98

中国と戦いながら連合国とアメリカと戦っても勝ち目があると思ってた時点で致命的にアホ

支那戦線を終わらせてからやるべきだし
連合国宣戦とアメリカ宣戦を同時にやる意味がわからない

イギリスと戦っている途中なのにソ連に宣戦布告したヒトラーに匹敵するアホさ


87 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:07.24

昔の戦争つったら、基本現地調達だったからな
略奪してナンボのもんだよ


88 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:09.55

大戦の反省から、自衛隊の兵站は優秀。
災害時に自衛隊を緊急救助に派遣するが、後方支援で大きな問題が起こらない。


92 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:35.17

日本の戦力や国力の限界を考えて対英米協調不可欠としたのは、
山縣-田中-宇垣までだなあ。これ以後は、さっぱり駄目よ。
戦線の限界とそのコントロールという発想がすっぽり抜け落ちる。


93 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:27:51.85

ガダルカナルやインパールとか
東アジアから太平洋のほとんどを侵略するつもりだったんだな
クスジャップは。
アメリカが勝たなかったらとんでもないことになっていたな


95 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:28:25.13

インパール作戦は 当時としてはよく考えられた作戦なんだけど
アメリカ以外なら英蘭仏露の全て勝っていたと思われる


97 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:28:30.13

そもそも、あんな所まで日本軍は何をしに行っていたの?
正義の味方気取りか?
命を賭けて?


99 名無しさん@1周年 :2019/05/19(日) 17:29:08.22

戦国時代のような領土拡張→戦を繰り返す
少しも進歩してなかったって話だ、明治維新を経ても
何が志士だバカどもが