X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:国内ニュース > 経済


    通信障害で「解約増えた」 ソフトバンク上場会見 - Engadget 日本版
    東証一部に上場したソフトバンクは12月19日に上場記者会見を開催。登壇した宮内謙社長は、12月6日に発生した通信障害の影響について明かしました。 宮内社長は、 ...
    (出典:Engadget 日本版)


    ソフトバンクグループ > ソフトバンク ソフトバンク株式会社(英文社名:SoftBank Corp.)は、ソフトバンクグループ傘下の株式会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から商号変更した。
    61キロバイト (7,400 語) - 2018年12月19日 (水) 13:23



    (出典 rasora-sapporo.com)


    ほう。

    1 Toy Soldiers ★ :2018/12/19(水) 21:01:26.42 ID:CAP_USER9.net

     携帯電話大手のソフトバンクが19日、東証一部に上場した。調達金額は過去最大の約2兆6000億円、今年最後の超大型上場で注目を集めていたが、初値は売り出し価格1500円を下回る1463円となった。

     そんな中、ソフトバンク株に約1億6000万円(10万6600株)を投資した男性がいる。AbemaTV『けやきヒルズ』では、個人投資家・たけしさんのソフトバンク上場の瞬間に密着した。

     東京株式市場が始まる前の8時50分、「始まったら多分ドキドキすると思う」と話していたたけしさん。
    売出し価格を下回る1463円の初値がつくと、「申し込む前からそれぐらいの覚悟はしていないと」と話す。
    その後、株価が1400円前後まで下がると、この時点で含み損は約1000万円に。
    「1000万円とびましたね。ここからですよね。なんか見るのイヤになってきた…」と思わず心境を吐露した。

     たけしさんは初値を「1460円ぐらい、運がよければ1560円くらい」とみていたというが、午前の終値は1360円。約1500万円の含み損に「なんかもう眠たい。見たくないです。ふて寝したいですね」と語った。

     初値が売り出し価格を下回ったことにたけしさんは「ワーストシナリオですね。通信障害やファーウェイの問題など説明はできるレベルなので、仕方がないかな」とコメント。
    その後の値動きについては「動きを見ながら個人投資家等は売ってくるだろうという予想はあったので、その通りに売られた。
    恐らくこれまでは個人投資家の動きだけなので、値動きにあまり意味はない」との見方を示した。
    また、今後の動きについては「今日の損切りはないです。短期でいくと思っていても長期になることもあるので、今回に限らず常にそういう目線でやってきた。
    パッシブと言われるTOPIXとMSCIのインデックス買いが入ってくるのは間違いないので、今のところはそれに期待。それを見てからの判断」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00010006-abema-bus_all

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1: 2018/12/19(水) 16:28:52.84
    ※前スレ
    【踊るアホ】 ソフトバンク株に約1億6000万円を投資した男性「見るのイヤになってきた」 ★2 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545210745/


    【実況、ソフトバンク株に約1億6000万円を投資した男性「見るのイヤになってきた」】の続きを読む



    (出典 pds.exblog.jp)


    あぁ、僕の未来、。

    1 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2018/05/25(金) 19:20:30.60 ID:7LDTM/5O.net

    IMF アベノミクスに厳しい認識示す

    ※前スレ【悲報】IMF「アベノミクスで日本経済の改善は無理」
    http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1470902365/


    【IMF→「アベノミクスで日本経済の改善は無理」 、トホホ、、マジ!?】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    どん底からは、少し登ったでしょ?

    1 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2018/03/29(木) 22:20:32.46 ID:jPOu0sby.net

    小泉政権だよな?

    郵政民営化
    派遣法改正
    消費税増税


    【日本経済をドン底に突き落としたのって、、、過去の栄光を取り戻せ。】の続きを読む


    デフレ脱却へ「コドモノミクス」
    デフレ脱却へ「コドモノミクス」  日経ビジネスオンライン
    (出典:日経ビジネスオンライン)


    デフレーション(英: Deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。略してデフレと呼ぶ(日本語では物価収縮とも)。対義語には物価が持続的に上昇していく現象を指すインフレーション(英: Inflation)がある。 経済全体で見た需要と供給のバランスが崩れること、すなわち総需要
    82キロバイト (12,324 語) - 2018年8月25日 (土) 01:33



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    そうなの?

    1 豆次郎 ★ :2018/10/22(月) 18:57:46.30

    10/22(月) 18:21配信
    J-CASTニュース
    「根本原因はデフレではない」 白川・前日銀総裁が5年半ぶりに語った

     白川方明・前日本銀行総裁は2018年10月22日、総裁を辞任してから初めてとなる記者会見を日本記者クラブで開き、日本経済の停滞の原因はデフレにあるのではないとする持論を語った。

     安倍政権発足によるアベノミクスや後任の黒田東彦(はるひこ)総裁による異次元の金融緩和でデフレ脱却を目指している現状についての直接的な評価には言及しなかったものの、デフレを日銀の金融政策だけで解決することについては、総裁当時から強い疑問を持っていたことをあらためて強調した。

    ■総裁のときに受けた批判

     白川氏は安倍政権が発足した直後の2013年3月に任期を20日ほど残して辞任したが、その後は公の場での記者会見など一切、避けてきた。今回は、自身の日銀時代を回顧する著書『中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年』(東洋経済新報社)について語るというテーマで会見の場に臨んだ。

     白川氏は会見の冒頭、「退任当初から執筆を勧められたが、中央銀行の総裁は退任後は多くを語らないのが美学と考えてきた。自慢や自己弁護と思われるのも避けたかった」としたが、ある日銀OBの勧めもあり、中央銀行をめぐる議論をもっと活発にしたいと思い、出版に至った経緯を語った。

     会見は1時間にわたって白川氏が自著について語ったが、とくに熱を帯びたのは、自身が総裁時代に浴びた「批判」についてだった。批判の内容を「日本経済の根源的な原因はデフレであり、それは貨幣的現象だから、日銀の大胆な金融緩和政策によって脱却できる。日銀は物価目標を掲げ、達成を約束すべきだが、それをしていない」というものだったと総括。2012年12月の総選挙で民主党から政権を奪還した安倍晋三・自民党総裁がこうした主張を掲げて、圧倒的な国民の指示を得たことにも触れた。

    過去5年の経験が示すこと

     こうした日銀批判に対して、白川氏は「日本経済の根源的な原因はデフレではないと思っていた」と反論。そのうえで「急速な高齢化や人口減少に適合していないことが大きな原因」と述べ、社会保障を含めた財政の持続可能性の方が重要だという考えを示した。

     その一方で、2012年12月に、物価目標を政策とするインフレ・ターゲティングの導入を掲げ、日銀法改正までも示唆して総選挙を戦い、国民の圧倒的な支持を受けた安倍政権のもとで、日銀が何も答えずに独善と思われることは避けなくてはならない、と思い、「熟慮の末、政府とアコード(政策協定)を結ぶのはやむを得ないと考えた」と発言。13年1月に「デフレの早期脱却と物価安定の目標を2%とする」という政府との共同声明に至った経緯を説明した。ただ、その共同声明も「日銀が2%の物価目標を機械的に追求しようとしたものではない」とした。

     その後、日銀は後任の黒田総裁のもとで、2%の物価上昇を目標に、「異次元の緩和」と呼ばれる金融政策で大量の国債やリスク資産を日銀が買い取って資金を市場に供給する体制を取るようになった。これには中央銀行の政策としては中央銀行自身や国の財政の健全さを損なうとした批判も強い。

     この後、会場からの質問で、現在の黒田総裁の政策について評価を聞かれた白川氏は「他の中央銀行総裁にならい、足元の金融政策について直接的なコメントは控えたい」と述べつつ、「過去5年の経験が示すように、日本経済の直面する問題の答えが金融政策以外にないということではないし、物価が上がらないことが低成長の原因という立場でもない」と語るとともに、2013年の政府と日銀の共同声明の精神に立ち返るべきだ、と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000008-jct-bus_all


    【日本経済の停滞、根本原因はデフレではない?】の続きを読む



    (出典 www.smam-jp.com)


    このまま、君だけを、、、。
    大丈夫か?????

    1 名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)15:20:05 ID:vOw

    誰にとっての景気なのか


    【なぜアベノミクスで所得が増えないのか?これでいいのか日本!】の続きを読む

    このページのトップヘ