X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:海外ニュース > 経済


    中国経済は日本のバブル崩壊の二の舞になるのか? 日本の轍を踏みたくない=中国メディア
    中国経済は日本のバブル崩壊の二の舞になるのか? 日本の轍を踏みたくない=中国メディア  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照のこと。 現在、アジア大陸の東部に広がる一帯が「中国」と呼ばれている地域であり、中国大陸とそれに付随する島嶼にあたる。この地は中国
    28キロバイト (3,852 語) - 2018年10月9日 (火) 02:40



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    そう?

    1 フラのベランダー ★ :2018/10/13(土) 05:57:50.56


    (出典 Youtube)


    米中貿易戦争の激化により中国経済に影響が現れる中、中国当局は景気の後退に関するニュースについて報道規制を行っています。この措置は中国経済が日増しに弱体化していることに対し、当局が危機感を募らせていることの表れだとの分析があります。

    有害な言葉
    スタグフレーション、新たな難民、消費の停滞等々

    今日の中国語講座
    経済=チンチー

    ★1:2018/10/13(土) 03:28:55.61
    ※前スレ
    【中国経済が悪化】中国当局が経済ニュースの情報統制
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539368935/


    【中国経済が悪化か?中国当局が経済ニュースの情報統制、、。】の続きを読む


    韓中財界・学界が保護主義防止と韓中日協力訴え ボアオ・フォーラム 韓中財界・学界が保護主義防止と韓中日協力訴え ボアオ・フォーラム
    …要人、ビジネスリーダー、学者らが出席した。 20日の「グローバル経済とアジア経済協力」セッションで、韓中の財界・学界のパネリストはトランプ米政権を念頭…
    (出典:韓国・北朝鮮(聯合ニュース))


    今川瑛一 (カテゴリ アジア経済研究所の人物)
    1937年(昭和12年)6月16日、兵庫県姫路市に生まれる。1955年(昭和35年)に法政大学法学部を卒業し、アジア経済研究所に入る。1965年(昭和45年)からタイ・バンコクに派遣され(-1966年(昭和46年))、1973年(昭和48年)からブルッキングス研究
    3キロバイト (301 語) - 2016年8月5日 (金) 19:23



    (出典 www.rakuten-sec.co.jp)


    ほう。

    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2016/11/16(水) 01:39:27.07 ID:CAP_USER.net

     安倍首相は15日の参院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員会で、TPPが発効しなければ、中国が東アジア経済を主導する可能性があるとの見方を示した。

     首相は「(TPP未発効の場合)軸足は東アジア地域の包括的経済連携(RCEP)に移る。そこで国内総生産(GDP)最大は米国ではなく中国だ」と述べた。

     そのうえで、首相は「(TPPの)自由貿易、普遍的価値を基盤とした新たなルールがRCEPなどにつながることは、地域の平和と安定に大きく寄与していく」とも指摘し、TPP発効の必要性を強調した。

     RCEPの交渉には、日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などが参加している。

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161115-OYT1T50126.html


    【TPP発効しないと中国が東アジア経済主導、、安倍首相】の続きを読む


    韓国首相「朝鮮半島の平和、アジア経済に新しい活力剤に」 韓国首相「朝鮮半島の平和、アジア経済に新しい活力剤に」
    …【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は20日、「朝鮮半島の平和は韓国と北を含むアジア全体の経済に新しい活力剤として作用し、アジアにより多くの可能性と機会を開くだろう」と話した。 この…
    (出典:韓国・北朝鮮(聯合ニュース))


    一般社団法人 アジア経済文化振興会とは、主にアジア地域の経済発展・文化振興に通じる交流事業を展開している。 また、アジア諸国の文化交流事業や日本企業と海外企業との連携により、経済活動、雇用促進など労働市場の拡大を目的として創立された。 2012年に日中国交正常化40周年を記念して,日中両国首脳が,
    2キロバイト (349 語) - 2017年12月27日 (水) 12:49



    (出典 www.waseda.jp)


    ほう。

    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 23:23:17.41 ID:CAP_USER.net

    「景気減速」と言われつつ6~7%前後の高成長を続けている中国経済。しかしその裏では政府・民間の債務が急激に膨張しており、これが将来のアジア経済にとって大きなリスクになるのではないかと見られている。

    銀行が過剰な融資を続ける

    中国経済は株・不動産ともに「バブルではないか」と頻繁に言われてきた。実際ここ10年程度で株や不動産価格が急騰し、その後下がったことが何度かある。

    株価については2006年後半から2007年秋にかけて最初のバブルが発生。上海総合指数は6,000を超えて史上最高水準まで高騰した。しかし秋にはバブルが弾けてその後は急降下。1年後の2008年秋には上海総合指数が1,700とピーク時の3分の1以下になった。

    2008年秋は世界的に見るとリーマンショックが起こった時期で、中国経済は内部の株バブル崩壊と外部のリーマンショックというダブルパンチに見舞われた。しかしその後日本のバブル崩壊後のように長期低迷には陥らず、比較的高い成長を続ける。

    また2014年後半から15年前半にかけて21世紀2度目の株バブルが起こり、この時も上海総合指数は5,000を突破。そして夏には弾けて株価が急落したものの、政府のなりふり構わない株価維持政策もあって落ち方は2008年の時より緩やかだった。

    不動産についても、2010年前後にそれまで急上昇してきた不動産価格が中国全土で下落。ただしこの時も中国経済全体への影響はそれほど大きくなかった。

    2008年以降も中国経済が高い成長率を維持してきた裏に、政府・企業への過剰な融資があると言われる。中国は各省やさらに下の自治体が高い成長率を維持することに必死になっている。自分の地区で高い成長率を維持することで、将来の出世が決まるからだ。

    そのためにとにかく道路や住宅などを造りまくることで成長率を維持するという手法を取っている地方が多い。そしてその財源は、銀行からの過剰な融資にある。中国の銀行は返済を度外視で政府機関や企業に融資しており、そのために政府・企業の債務は膨らみ、銀行にとっては不良債権が膨らんでいる。

    実際債務の対GDP比は、2007~08年頃から膨らみ続けている。2007年は中国債務の対GDP比率は130%程度だった。それが2008年以降だんだんと増え、2017年には250%を超えている。この数字が2008年以降中国国内で過剰な融資が行なわれていることを示している。

    この膨らみ続ける中国の債務が、アジア経済にとって将来的なリスクになると見る者が多い。過剰な融資と言えば日本のバブル時代もそうだった。銀行は不動産取引をする企業・個人に無節操に融資を行ない、バブルが弾けたらその多くが不良債権として残った。

    中国で同じような問題が将来起こるのか、あるいは起こらないのかは今の時点では誰にもわからない。しかし潜在的にはアジアに金融危機を起こす可能性のある時限爆弾のようなものだと見られている。

    鳥羽賢
    慶應義塾大学経済学部卒業。輸入業務に従事後、ライターとして2003年より主に経済分野を中心に執筆活動を行う。企業トップへインタビューした上での、ビジネス記事執筆経験多数。

    https://www.iforex.jpn.com/news/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%82%B5%E5%8B%99%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E6%99%82%E9%99%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E3%81%8B%EF%BC%9F-8077


    【中国リスク、債務問題はアジア経済の時限爆弾か?】の続きを読む


    中国経済が来年もし崩壊したら…日本企業への影響は? 中国経済が来年もし崩壊したら…日本企業への影響は?
    …崩壊という事態を避けるために手段を選ばないという見方もある。ジェトロ・アジア経済研究所の上席主任調査研究員・大西康雄氏は言う。「アジア通貨危機では、外…
    (出典:経済総合(週刊SPA!))


    アジア経済研究所開発スクール (IDEAS, Institute of Developing Economies Advanced School) は、1990年に通商産業省(現経済産業省)の意向により、アジア経済研究所(アジ研)に設置された途上国の開発問題専門家の養成機関である。1年制。千葉県千葉市美浜区にある。
    5キロバイト (701 語) - 2017年4月30日 (日) 01:25



    (出典 www.meti.go.jp)


    ほう。

    1 ねこ名無し ★ :2017/10/25(水) 08:47:02.07 ID:CAP_USER.net

    国際通貨基金(IMF)のイ・チャンヨンアジア太平洋担当局長は23日、アジア経済にとって最大のリスク要因として北朝鮮の核問題を挙げた。

    イ局長は同日、ワシントンで特派員懇談会を開き、「1年半前には中国の経済危機がいつ起きるかという質問が多かったが、最近アジアには北朝鮮の核問題以外には(リスクとして)言及される事柄がほとんどない」と述べた。

    米国、欧州、日本など先進国の景気が回復し、アジア各国の企業業績が良好で、投資も増えるプラスの循環局面に入ったとの説明だ。

    イ局長は「日本は人口が減少する中でも今年は潜在成長率を超える1.5%の成長が見込まれる。安倍晋三首相(の連立与党が)衆院選で3分の2以上の議席を獲得したことも基本的に景気が良いためだ」と指摘した。

    中国についても、「短期的には成長が非常に堅実とみられ、習近平主席がさらに権力を得る可能性がある」と述べた。最近、中国と日本の指導者が権力を固める背景には経済面での実績があるとの見方だ。

    イ局長は韓国の今年の経済成長率を3%台と予想しながら、これは北朝鮮の要素を全く考慮していないものだと付け加えた。

    ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/25/2017102500619.html


    【IMF韓国人幹部「アジア経済は、北の核以外にリスクなし」って。】の続きを読む


    アルゼンチン、中国と1兆円規模の通貨スワップ締結 アルゼンチン、中国と1兆円規模の通貨スワップ締結
    …ルゼンチンの外貨準備を増強するため、90億ドル(約1兆円)規模の通貨スワップ協定に署名した。アルゼンチン中央銀行が発表した。 中国の習近平(Xi Ji…
    (出典:国際総合(AFP=時事))


    通貨スワップ協定(つうかスワップきょうてい)とは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに一定のレートで協定相手国の通貨を融通しあうことを定める協定のこと。中央銀行間の協定であり国家間条約ではない。スワップ協定、通貨交換協定とも呼ばれる。
    12キロバイト (1,785 語) - 2018年9月2日 (日) 14:37



    (出典 img03.ti-da.net)


    ほう。

    1 荒波φ ★ :2018/11/11(日) 10:29:13.01 ID:CAP_USER.net

    日本と中国は先月、北京での首脳会談で300億ドル規模の通貨スワップ協定を結んだ。外貨準備高世界1、2位の中国と日本が経済危機発生時に相互協力しようと手を結んだことになる。

    日本は7年ぶりの公式首脳会談を通じ、中国が推進する一帯一路事業への参加に加え、第三国のインフラ事業への共同進出などさまざまな経済協力事業を推進することで合意した。

     米国が中国と貿易戦争を展開する間、米国の最も強固な同盟国だと強調してきた日本が中国と手を組んだ格好だ。さらに、尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争をきっかけとする両国の対立を考えれば異例の動きだ。

    日本が憲法改正で再武装を推進し、軍事力を強化していることが、中国を狙ったものであることは今や秘密ではない。日本政府は毎年発行する防衛白書で「中国崩壊論」に触れている。

    日本の政界と学識者の間で流行するシナリオは、少数民族、貧富の差、共産党の腐敗で体制に亀裂が生じ、中国が尖閣諸島での局地戦で内部の引き締めを図るというものだ。

     中国にとっても、日本は歴史的に韓日関係並みに複雑で和解が難しい国だ。その象徴が中国・南京にある大虐殺記念館だ。日本軍が1937年に南京に侵攻し、6週間で民間人30万人を虐*たことを忘れまいと建てた記念館だ。

    しかし、安倍晋三首相は2015年、国会答弁で南京大虐殺を扱った米国の教科書について、「愕然(がくぜん)とした」と述べた。安倍首相を含む多くの日本の右派政治家は、南京大虐殺を誇張された歴史のねつ造だと主張する。

    05年と12年に中国の主要都市で反日デモが起き、日本企業が焼き打ちされた事態も日本の政治家による歴史否定が決定的なきっかけだった。現在でも領土紛争が存在する尖閣諸島では、両国の艦艇、戦闘機が追撃戦を繰り広げている。

    それでも両国首脳は「競争から協調へ」「脅威ではなくパートナーシップを構築する」と宣言し、領土紛争で中断していた通貨スワップ協定を5年ぶりに復活させた。両国の協力は「トランプリスク」のせいだという分析もある。

    トランプ米大統領は安全保障分野での同盟の価値よりも自国の利益を優先し、伝統的な友好国であるカナダ、日本、欧州連合(EU)、韓国に貿易報復の刀を振り上げている。このため、日本も中国も新たな安全保障・経済戦略を模索している。

     中国と日本が敵との「同床」を辞さない混とんの時代だが、韓国は将来にどれほど備えているだろうか。

    中国と日本は通貨スワップ協定の締結で危機に備えているが、韓国は日本、米国と通貨スワップ協定を結べずにいる。韓国は2008年の世界的な金融危機当時、米国、日本を相手に積極的に動き、通貨スワップ協定を結び、結果的にそれが為替の防波堤の役割を果たし、リーマンショックからどの国よりも先に脱出した。

     韓国政府は外貨準備が十分にあり、中国、スイス、カナダと通貨スワップ協定を結んでいるため、危機対応に問題はないとの立場だ。アジア通貨危機直前まで当時の韓国政府は経済協力開発機構(OECD)への加入がまるで先進国になったことを示す保証手形かのように主張していた。

    歴史から教訓を得られなければ未来はない。米中の全面衝突、ITバブル論などで世界の株式市場で株価が乱高下するなど、世界経済が揺らいでいる。歴史認識と領土紛争による旧怨があるにもかかわらず、中国と日本が再び手を結んだ理由を我々も考えてみるべきだ。

    2018/11/11 05:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/09/2018110901816.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/09/2018110901816_2.html


    【韓国は北東アジア経済圏で孤立するのか?日本、米国と通貨スワップ協定を結べず、。】の続きを読む

    このページのトップヘ