X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:海外ニュース > 経済


    日トルコ首脳、EPA促進を確認
    日トルコ首脳、EPA促進を確認  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    EPA 経済連携協定(英: economic partnership agreement) 有効最大加速度(英: effective peak acceleration) → 表面最大加速度 エイコサペンタエン酸(英: eicosapentaenoic acid) 環境保護主管庁 アメリカ合衆国環境保護庁(英:
    644バイト (63 語) - 2017年12月4日 (月) 12:09



    (出典 www.meti.go.jp)


    ほう。

    1 蚯蚓φ ★ :2018/08/21(火) 23:29:12.30 ID:CAP_USER.net

    日本・欧州連合(EU)経済連携協定(EPA)が来年発効されれば、韓国の自動車および自動車部品、機械、化学製品など対EU輸出が打撃を受けるとの懸念が提起された。

    韓国貿易協会通商支援団が21日に発表した報告書「日EU・EPAが我々の対EU輸出に及ぼす影響および示唆点」によると、日欧EPAが発効された場合、日本製品99%の関税が即時または順次撤廃され、これまでEU市場で無関税の恩恵を受けてきた韓国製品の輸出が不利になるものとみられる。韓国は2011年に韓EU自由貿易協定(FTA)の発効でEU輸出時に一部製品の関税が免除されている。

    特に、韓国主力輸出品目である自動車および自動車部品に及ぶ影響は大きいものと予想される。EUが日本産乗用車に課している10%の関税は、EPA発効後は7年かけて完全に撤廃され、自動車部品の関税に関しては即時撤廃される。ただし、韓日とも欧州現地工場で生産する車両が多いため直接的な影響は限定的になるだろうとの分析もある。

    報告書は「日本は米国の保護貿易主義に対応するために日欧EPAと並行して、太平洋沿岸10カ国と『包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)』の発効にも注力している」としながら「我が国も輸出市場を多角化する一方でグローバル保護貿易主義に対処するためにCPTPPへの参加について検討が必要だ」と提言した。

    ソース:中央日報日本語版<韓国貿易協会「日EUが経済連帯をむすべば韓国自動車輸出に打撃」>
    http://japanese.joins.com/article/238/244238.html


    【【経済】「日本・EU経済連携協定(EPA)、発効すれば韓国自動車輸出に大打撃か!?】の続きを読む



    (出典 l-media.tokyo)


    日本も油断できない。
    政治経済の閉そく感をなんとかしなければ。

    1 動物園φ ★ :2017/11/22(水) 15:00:05.96 ID:CAP_USER.net

    11/22(水) 11:47配信
    中央日報日本語版

    21日にソウルの全経連会館で韓国経済研究院が主催した「通貨危機克服20年特別対談」で李揆成元財政経済部長官(中央)が当時を回顧している。右は玄定沢対外経済政策研究院長、左は権泰信韓国経済研究院院長。

    「現在の世界経済は大変革期だ。危機が迫っても正常に戻る復原力を持つための柔軟性を確保しなければならない」。

    李揆成(イ・ギュソン)元財政経済部(現企画財政部)長官は21日、「韓国経済が『第2の通貨危機』を経験しないようにするなら対立と不和を止揚し、さらに合理的な対案を導出しようと努力しなければならない」と話した。その上で「今後4~5年間に急変するグローバル経済環境にしっかりと対処できなければ再び危機を招く可能性がある」と警告した。

    ◇今後4~5年が山場

    李元長官のこの日の発言は韓国経済研究院がソウルの全経連会館で開いた「通貨危機克服20年特別対談」で出た。

    彼は「いまは人口高齢化、低い資本生産性などで成長潜在力が落ち、すでに保有していた潜在力をしっかりと発現できず青年失業率が高い状況」と診断した。その上で「これからは情報通信技術(ICT)融合と第4次産業革命時代に対応した技術開発などの努力とともに危機が迫っても正常状態に戻る復原力を持つための柔軟性を確保することが重要だ」と指摘した。

    この日の対談は20年前の1997年11月21日に韓国政府が国際通貨基金(IMF)に救済金融を申請した日を迎え、経済危機再発を防ぐための案を模索するために設けられた。李元長官は通貨危機直後の1998年3月に金大中(キム・デジュン)政権の初代財政経済部長官を務め危機克服を率いた代表的な経済官僚だ。

    当時青瓦台(チョンワデ、大統領府)企画調整秘書官として在職した玄定沢(ヒョン・ジョンテク)対外経済政策研究院長もこの日特別対談に出演した。当時李元長官の下で財政経済部国際金融審議官を務めた権泰信(クォン・テシン)韓国経済研究院長が司会を担当した。

    彼はグローバルスタンダードに合う制度と枠組みを備えなければ4~5年間苦労して構造調整をしても危機は克服しにくいだろうと数回にわたり強調した。

    李元長官は「当時企業が高度成長神話にとらわれ過度に負債を抱えて重複過剰投資したことが韓国に対する海外投資家の信頼を失わせる原因になった」と診断した。

    冷酷なグローバル金融市場の論理に対しても警戒心を呼び起こした。彼は「国際金融機関は基本的に雨が降る時に傘を奪っていき、日が射す時に傘を売ろうとする属性を持っている。グローバル金融市場は金を貸した債権者が主導するほかないため債権者に対する信頼が最も重要だ」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000020-cnippou-kr


    【【世界経済】韓国、大変革期の世界経済に4〜5年間でしっかり対処できなければ経済危機再発】の続きを読む



    (出典 u-note.me)


    う~ん、、どこまで本当なのか、、。

    1 風吹けば名無し :2017/11/28(火) 06:26:43.66 ID:PC7Keeq70.net

    どこまでがマジやねん


    【【世界経済】ユダヤ人が世界経済の裏に潜んでるとかいう裏話ってさ】の続きを読む



    (出典 www.oita-kouikiken.jp)


    では、どうする?

    1 ノチラ ★ :2018/06/03(日) 22:20:05.94 ID:CAP_USER.net

    「日本に移住するべきじゃなかったかも」。アラフィフの中国人が、そんな後悔を口にするようになっている。彼らは1989年の天安門事件で中国を見限り、政治的にも経済的にも先進国だった日本に移り住んだ。だがその後、日本経済は沈滞。一方、中国は世界2位の経済大国となった。彼らの「後悔」に対して、日本人はどんな言葉をかけられるのだろうか――。



    天安門世代の中国人があこがれた往年の日本
    呂秀妍も例外ではない。中国国内で大学を卒業して大学講師になった(当時の中国で大卒はすぐに講師になれた)彼女は、故郷の黒龍江省で後の天安門事件(1989年6月4日、学生運動のデモ隊を人民解放軍が武力鎮圧した事件)につながるデモを目の当たりにしている。

    このとき、当時27歳だった彼女は、学生を取り締まる立場だったが、「心情的には学生の主張に反対していなかった」「むしろ、彼らは正しい」と考えていたと話す。

    やがて、せんだって日本に留学していた夫を追いかけて1991年に来日、そのまま日本で暮らした。言論の自由が保証された日本で、呂秀妍は中国の民主化問題に関係するパンフレットをむさぼるように読み、冒頭のように「日本はすばらしい民主主義国家で、中国はダメな独裁国家」と信じるようになった。

    当時の彼女が日本を称賛したのもムリはない。1991年当時、中国の名目GDPが4156億ドルだったのに対して、日本の名目GDPは3兆5844億ドル。日本は中国の8.6倍の経済大国だった。国際社会における存在感も圧倒的で、世界から「ジャパン・アズ・ナンバーワン」として日本の台頭がやや恐れを込めて見られていた時代である。

    同じアジア人の国家なのに、なぜ日本はこんなに強くて豊かでクールで、中国は貧しくてダサいままなのか? 当時の中国人の若者はそう考えた。彼らの多くが出した答えは、「日本の政治が民主主義体制だから」というものだった。

    考えが変わりはじめたのは2000年代になってから
    国民が自由に政府を批判できて、政策を監督できる社会。言論の自由が保証され、おかしいことを自由に指摘できる社会。それゆえに、中国は「ダメな独裁国家」であり、日本は立派なのだというわけだ。

    「考えが変わりはじめたのは、2000年代になってからです。中国は独裁的だけれど、ちゃんと発展するようになった。国民の生活がそこそこ自由で、(政治面以外では)権利も保証されるなら、別に体制が独裁的でもいいのかもしれない。いっぽうで、日本の社会の問題も見えてくるようになりました」

    これは彼女のみならず、日本と接点を持った天安門世代の中国人に共通する考えである。やがて、そんな考えはゼロ年代後半から決定的になっていく。

    まず、中国は2008年の北京五輪と2010年の上海万博に成功した。そして世界金融危機を生き残り、一時は「チャイナ・モデル」として欧州からも称賛を受けた(実情は相当ムリしていたようだが)。極めつけに、中国のGDPはいまや日本を数倍も上回って堂々たる世界2位となり、都市部の中産階層は海外で「爆買い」をおこなえるほど豊かになった――。

    中国人であることを誇れる時代が来てしまった
    海外の情勢を知るようなエリート層の中国人にとって、天安門事件が起きた1989年からの十数年間、遅れた貧しい祖国は「恥ずかしい存在」だった。だが、そんな時代は過ぎ去り、中国はちっとも恥ずかしい国ではなくなった。政治を民主化しなくても、全世界に向けて自分が中国人であることを誇れる時代が来てしまったのだ。

    いっぽう、かつて自由の新天地に見えた日本は、中国とのGDPが逆転した2010年ごろから、ゆるやかだが不可逆的な衰退が確実視されるようになった。しかも「民主的」に選ばれたはずの政府は、少子高齢化や労働問題のような誰の目にも明らかな問題点の解決にすら手をこまねき、むしろ自国の停滞を座視しているかにすら見える。
    http://president.jp/articles/-/25286


    【【経済】中国人の大後悔「日本移住は失敗だった。中国人であることを誇れる時代が来てしまった」】の続きを読む


    華為技術 (Huaweiからのリダイレクト)
    9 Huawei Mate 10 Pro Huawei Mate 10 litePシリーズHuawei Ascend P7 Huawei P8 lite Huawei P8 max Huawei P9 Huawei P9 lite Huawei P9 lite PREMIUM Huawei P10
    65キロバイト (8,500 語) - 2018年8月14日 (火) 01:33



    (出典 brain-images-ssl.cdn.dixons.com)


    ちなみに、私もHuaweiです。
    まだ、2カ月ほどですが、なかなか、
    快適ですよ。

    なんだかんだで、ずっと、海外製の
    スマホを選んでます。

    ISAIとか。

    1 ばーど ★ :2018/08/15(水) 09:19:26.72

    中国のスマートフォンメーカー、華為技術(ファーウェイ)の消費者部門の責任者、余承東氏は3日、2019年末までにスマホ市場でトップになると表明した。同社は4~6月期の出荷台数で初めて米アップルを抜き、韓国のサムスン電子に次ぐ2位に躍り出たばかりだ。

     同氏は、極めて重要な米国市場でほとんど存在感を示せていないことを認めながら、来年10~12月期までにスマホ市場で20%超のシェアを握り、トップになりたいと述べた。

     華為の1~6月期の出荷台数は前年同期比約30%増の9500万台余り。同社は今年、アップルや現在首位のサムスン電子から販売を奪う形で世界的な低迷を乗り越えている。米国での存在感は薄いが、欧州やアフリカなどの市場では力強いプレゼンスを築く。華為は今年、サムスンとアップルだけが達成した2億台を目指す考えを示している。(ブルームバーグ Gao Yuan)

    2018.8.15 06:06
    SankeiBiz
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/180815/bsj1808150606003-n1.htm

    関連スレ
    【Huawei】初任給40万円の中国企業、スマホ世界2位「ファーウェイ」で働く日本人の“履歴書” 「稼いでるんだろうと冷やかされます」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534236814/


    【【経済】(スマートフォン)ファーウェイ(Huawei)が快進撃!来年中にスマホ首位へ、サムスンぶっちぎって、シェア20%超!】の続きを読む

    このページのトップヘ