X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ: 芸能のニュース


    捜査当局を困惑させたピエール瀧被告の“行動” – 東京スポーツ新聞社 - 東スポWeb
    6月5日の初公判を控える電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則被告の“ある行動”が捜査当局を困惑させているという。 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴 ...
    (出典:東スポWeb)


    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    57キロバイト (6,942 語) - 2019年5月16日 (木) 00:12



    (出典 wezz-y.com)


    話題になるし、いいやん。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/16(木) 09:35:34.85 ID:6Vn9jW509.net

    コカインを摂取したとして、*取締法違反の罪で起訴された「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が
    今秋公開の映画「宮本から君へ」に出演していることが16日、同作の公式SNSで発表され、「本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開する」ことが明らかになった。

    公式ツイッターで「2018年9月29日から10月30日に撮影した『宮本から君へ』にはピエール瀧氏が出演しています」と瀧被告の出演を告知。
    「事件発覚後協議を重ねた結果、本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開することを決定しました」と発表した。

    公式フェイスブックでも「映画『宮本から君へ』の公開に際してのお知らせ」と題し、告知を掲載。
    「映画『宮本から君へ』の本秋公開を楽しみにお待ちいただいている皆様へのお知らせがございます。
    本作品には、*取締法違反容疑で逮捕、同法違反罪で起訴されたピエール瀧氏が本作に出演をしております」と瀧被告の出演を改めて明かし、
    「尚、本作品の撮影は昨年9月29日~10月30日の期間に完了しております。
    事件発覚後、映画『宮本から君へ』製作委員会は幾度となく協議を重ねてまいりました。
    その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、
    製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と作品の改編・追加撮影を行わずにそのまま公開するとした。
    「議論を経ての結論であることをご理解頂ければ幸いに存じます。これからも本作の応援をよろしくお願いいたします」とファンに呼びかけた。

    4月4日に保証金400万円を納付して保釈された。所属事務所はマネジメント契約を解除。
    初公判を6月5日。起訴状によると、3月12日ごろ、東京都内のマンションの一室でコカインを吸引したとしている。

    瀧被告の出演作品をめぐっては、大河ドラマ「いだてん」は俳優の三宅弘城(51)を代役として撮り直すことが決定。
    出演映画「居眠り磐音」(監督本木克英、17日公開)も奥田瑛二(69)を代役に出演部分再撮影を行った。
    また、4月5日に公開された映画「麻雀放浪記2020」は 映像の差し替えなどの措置はとらず、瀧被告の登場シーンもカットせずに上映された。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16466135/
    2019年5月16日 8時29分 スポニチアネックス


    【【ピエール瀧】今秋公開「宮本から君へ」に出演「改編・追加撮影を行わず」】の続きを読む


    指原莉乃、モー娘。佐藤優樹と対談 - 朝日新聞社
    4月28日にアイドルを卒業した指原莉乃を全140ページまるごと1冊特集した『指原莉乃×週刊プレイボーイ2019』(22日発売)の全収録内容が決定した。 【画像】4コマ漫画『さ ...
    (出典:朝日新聞社)



    (出典 pbs.twimg.com)


    ほう。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/15(水) 08:07:22.74 ID:R3/ta+aO9.net

    5月13日、日本テレビ系『しゃべくり007』に指原莉乃が出演した。

    番組ではHKT48を卒業した指原が『アイドル卒業後解禁したいこと』を発表していき、その中の1つとして“恋愛”をあげた。

    くりぃむしちゅー上田晋也が「どういう人がタイプなの?」と聞くと、指原は「どっちかっていうと好きなタイプっていうよりは嫌なほうが多いかもしれないです」として、
    携帯ゲームのランキングで常に上位にランクインしている人が苦手だと話しスタジオは笑いに包まれた。

    上田に「何で上位にいるとダメなの?」と理由を聞かれると「仕事してんのかなとか(思う)」とコメント。

    また、「飲み会とかに行ったことをインスタとかに書いて『最高のメンツ』って書く人」とSNSの使い方についても持論を展開し周囲の笑いを誘った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16460381/
    2019年5月15日 7時0分 E-TALENTBANK


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【指原莉乃】“嫌な男性のタイプ”を明かす「インスタとかに、、、」】の続きを読む


    中居正広、キスマイ 藤ヶ谷太輔のラブコールについに反応 2番組またいだ仲睦まじい関係性 - Real Sound|リアルサウンド - Real Sound
    Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が初のソロレギュラーラジオ『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』(ニッポン放送)をスタートさせて約1カ月。エンディングには、そのあとの番組『中居正広 ...
    (出典:Real Sound)



    (出典 pics.prcm.jp)


    ほう。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/05/14(火) 14:47:37.09 ID:u0W+Ws0N9.net

    平成から令和へと元号をまたぐタイミングで元SMAP中居正広(46)の冠新番組が2本スタートした。
    テレビ朝日系列で4月27日初回の『中居正広のニュースな会』と、日本テレビ系列で、5月3日初回の『新・日本男児と中居』の2本である。

    「ともに両局で3月末で終わった、長く続いたレギュラー番組の損失補填的な番組。
    当然、MCとしては全芸能人トップクラスの地位にある中居を起用する番組ですから、最低でも半年や1年は確実に続きます。
    それはイコール、ジャニーズ事務所との契約続行を意味するもの」(民放局プロデューサー)

    確かにジャニーズの場合、CDデビュー日が契約日となるので、9月デビューのSMAPメンバーは
    その3ヶ月前の6月には契約更新するというのは、もはや知られた話。

    「このタイミングで新番組が始まるので、期限前に契約更新をしていた。
    ジャニーズにはまだ残っているという意思表示をしておかないと、いくら中居でもテレビ局は使いにくい側面もある」(同前)

    既に退社した「新しい地図」の3人(稲垣、草なぎ、香取)が、単発出演はごぐまれにあるものの
    レギュラー番組など持てる気配もない状態とは違い、ジャニーズに残ってまで地上波番組にこだわったというわけだろうか。

    「東京五輪のキャスターをひとつの節目としてるので、少なくともそれまではジャニーズを辞めない。
    それなのに最近気になる動きをみせている」(週刊誌記者)

    ここのところ、週刊文春などで『中居SMAP再結成を匂わせ』とも報じられているが、
    実際このタイミングにあってさまざまな番組で、「生き別れ」になった3人を思う発言を繰り返しているのは事実。

    「特に『ナカイの窓』の最終回が強烈だった。その後もレギュラーラジオなどでも以前にも増してその3人を連想させる話を連発している」(同前)

    元メンバーの話を繰り返し、残るもう1人のメンバー木村拓哉の動向も常に注視しているという関係者証言も飛び出している。
    まさに、SMAP復活の『匂わせ状態』だが、実際には再結成など絶対にあるはずもない話。

    そんな “1人連想ゲーム状態” を繰り返す中居には、ある心配事があるという。それがある“重大疑惑”だ。

    「今年になってからメディアで報じられたものですね。もちろん実名ではないが中居を疑う声がネットで広まっていました」(芸能記者)

    普段から、週刊誌や夕刊紙やネットニュースなどゴシップを扱う記事を一切読まないと公言している中居だが、
    今回はさすがに本人の耳にも入ったようだ。

    「中居は、気心の知れたテレビマンなどに相談したが、そんなの誰も信じていないと言われて安心していた。
    しかし用心深い中居は、マスコミやファンが飛びつく秘策である『SMAP再結成ネタ』をちらつかせ、
    世間の目をそちらに向けようと考えたのでは、という邪推も出る始末です」(同前)

    さすがに中居クラスになると、ガセネタにはガセネタで対抗するという、並みの芸能人には絶対出来ない高等テクニックでトラブルも対処するということか。
    中居くんの天下は、まだまだ続きそうだ。
    https://k-knu*les.jp/1/5206/2/


    【【中居正広】 「SMAP再結成匂わせ」 見え隠れする深刻な問題】の続きを読む


    大型スーパーCEOになりすましたユーチューバー、店員に解雇通告し物議(米)<動画あり> - ニコニコニュース
    【この記事の動画を見る】複数のYouTubeチャンネルを持ち、100万人を超える登録者を持つユーチューバーが仕掛けた“あるいたずら”が物議を醸している。
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 cdn.asagei.com)


    そうやな。

    1 muffin ★ :2019/05/15(水) 15:06:39.42 ID:MfbeYtFt9.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/15/0012331690.shtml
    2019.05.15

    女優の須藤理彩が15日、日本テレビ系「スッキリ」に出演。10歳ユーチューバーのゆたぼんについての特集で、自身の娘も一時不登校となった体験を明かし、ゆたぼんへ「彼が今、自由でいられるのは誰かいろんな人が、やりたくないこともやってくれてるからと教えることが親の務め」と訴えた。

    番組では「少年革命家ゆたぼん」としてYouTubeで活躍している10歳のゆたぼんこと、中村逞那(ゆたか)君を特集。ゆたぼんは、教師から理不尽な扱いを受けたことから不登校となり、現在は行きたい時だけ学校に行くという生活を送っていると紹介された。

    この不登校も、ユーチューバーもゆたぼん本人が選択したものだが、この生き方にネット上でも賛否両論が沸き起こっている。

    意見を求められた須藤は「不登校という話になると、娘が一時いじめに遭って、不登校で自宅学習していた時期があった」と自身の家族の体験を告白。須藤によると、不登校となっても友人が自宅にプリントを運んでくれたり、塾にも習い事にも通えていたといい「実際に何も不自由はなかった。このまま不登校でもいいかなと思った」とも言うが「娘本人が友達といる時間を大切にしたい」と特別に保健室登校を選択したという。

    その体験を踏まえ、須藤は「不登校に理由があれば、それはいいと思う。それぞれの選択」と前置きした上で「ただ、1人の人が自分のやりたいことだけをやり、やりたくないことをやらなくていいじゃん、という社会になって、全員がそうなれば社会がおかしくなってくる」と指摘。

    そして「彼が自由でいられるのは、誰かいろんな人が、人のやりたくないこともやってくれてるから、何の不自由もなくやっていけてると教えることが親の務めだと思っていて」と語った。

    また将来、職業などをいざ選択する際に「あれも出来る、これも出来ると準備してあげる。そこからユーチューバーになるならいいと思うが、最初からやりたいことだけやって、振り返った時にあれやっとけばこれもできたかもしれないと、新たな夢が見つかった時に怖いんじゃないか」と、将来に向け、いろんな準備をしてあげることが親の責任ではないかと持論を展開していた。

    ★1が立った日時:2019/05/15(水) 11:52:40.79
    【芸能】須藤理彩、10歳ユーチューバーへ「彼が今自由でいられるのは、誰かいろんな人がやりたくないこともやってくれてるから」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557888760/


    【【須藤理彩】10歳ユーチューバーへ「彼が今自由でいられるのは、誰かいろんな人がやりたくないこともやってくれてるから」】の続きを読む


    松本人志、エンドロールで退出する理由語る「申し訳ないんですけど」 - マイナビニュース
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、12日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、映画鑑賞時のこだわりを語った。
    (出典:マイナビニュース)



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    あらら、。

    1 神々廻 ★ :2019/05/14(火) 05:24:09.28 ID:f/sAo/RO9.net

    アマゾンプライムビデオで配信されている「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」。

    1000万円を賭けて「笑ったら負け」のルールのもと「芸人同士の笑わせ合い」を描く同番組。16年にスタートし、現在では19年4月配信の第7シリーズまで出そろった人気コンテンツだ。

     ところが、である。お笑い界の重鎮である松本人志プロデュースの番組とあって、芸人たちのあこがれの番組だと思いきや、実際は正反対のようなのである。

    「ヘタしたら“出演者不足”で次のシリーズが作れないぐらい、芸人の間で『ドキュメンタル』が敬遠されているんですよ」と明*のはお笑い関係者。毎回、同シリーズの冒頭では芸人たちがありがたそうに松本からの“招待状”を受け取っているのだが──。

    「出演するのは事前に出演オファーを受けて“ハラを決めた人たち”ですから、そのように振る舞うのは当然です。問題となっているのは、事前に打診したところで『誰も引き受けたがらないこと』なんです」(前出・お笑い関係者)

     いったい、芸人たちが「ドキュメンタル」を忌避する理由とは。

    「端的に『番組が求める“過激さ”についていけない』から。世間の注目度や1000万円の賞金は魅力に違いありませんが、陰部を出したりもするギャグが当たり前の『ドキュメンタル』だと『他の仕事に差し障る』という判断をしてしまうんです。松本にあこがれてお笑い業界に入ったという中堅芸人も出演NGとなっていますね」(前出・お笑い関係者)

     今冬配信予定だという第8シリーズに芸人が集まればいいのだが。

    https://www.asagei.com/excerpt/126474


    【【芸能】松本人志「ドキュメンタル」まさかの「芸人不足」で「継続の危機」】の続きを読む

    このページのトップヘ