X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    中田英寿がサッカー部門1位/平成1面登場ランク - 日刊スポーツ
    日刊スポーツが平成31年間で1万1000回以上に上る1面(東京最終版)の見出しを、徹底的に手作業で集計。サッカー部門では中田英寿氏(42)が152回で1位(総…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 www.soccer-king.jp)


    そうかもしれない。
    日本じゃ、野球だったもんね。

    1 Egg ★ :2019/05/01(水) 07:38:04.24

    どうやら世界は、野球よりサッカーに熱狂しているらしい――。
     
     実は日本人が薄々そこに気づき始めたのは、ほんの半世紀ほど前のことである。55年前の東京五輪を控え、各メディアが世界各地に特派員を送り現地のスポーツ事情を伝え始めた。それが端緒となったそうである。昭和も後半に入るとワールドカップの中継も定着し、日本の不振と相俟って海の外の別世界に憧憬を抱くファンが着実に増えていく。ペレを擁すサントスが来日すると、JFA(日本サッカー協会)は初めてチケット発売に徹夜対応を強いられ、日本代表の試合は来日する対戦相手の人気次第で観客動員が決まった。

     ところが平成を迎えると、世界のトップシーンが一気に身近になった。改めてキーパーソンは三浦知良(カズ)だった。新時代の幕開けとともにブラジルから帰国したカズは、Jリーグブームと日本代表の躍進に点火し、「ドーハの悲劇」でワールドカップ出場を逃すと、今度はセリエAに挑戦する。世界のスター選手が勢揃いするセリエAの中継は、すでに「WOWOW」が着手していたが、カズの参戦が決まるとフジテレビも放映権を獲得。カズが所属するジェノア戦の中継とともに、毎節深夜枠で「セリエAダイジェスト」をスタートした。地上波でも世界最高峰の舞台を楽しめる時代の到来である。
     
     カズの読売クラブ(現東京ヴェルディ)への移籍と同じ時期に、ドイツから来日したゲルト・エンゲルス(現京都サンガ・コーチ)は「何より悲しかったのが、いくら探してもテレビでサッカー中継がまったくないことだった」と振り返っている。昭和の時代に日本のファンが本場の映像を定期的に楽しめるのは、1試合を前後半に分けて毎週放映される「三菱ダイヤモンドサッカー」だけだった。だが番組は昭和終焉の前年に打ち切り。
     
    「セリエAダイジェスト」は、カズの挑戦を引き金に、欧州志向のファンの渇望に応える形で誕生した。ただし地上波で届ける以上、コアなファンだけを対象にするわけにはいかない。カタカナで表記される多国籍で多様なスターに親しみを覚えてもらおうと、スタッフは工夫をこらした。毎回キャッチフレーズ付きのストライカーを枠順に並べゴールを決めるかどうかのクイズを作成し、ナレーションでも大胆なキャラクター設定をした。一方で注目の試合を抽出し、初見での解説をつけるなど本物を生に近い臨場感で伝えることにもこだわった。
     
     カズがイタリアから去っても、フランス・ワールドカップを挟んで中田英寿がペルージャに移籍し、番組は再開。2002年日韓ワールドカップの熱狂へと繋がっていく。また紙媒体に目を転じても、Jリーグが開幕する1990年代には「ワールド」の名がつく専門誌も次々に創刊。国際的には奇異な2002年のデビッド・ベッカムやイルハン・マンスズの人気沸騰なども加わり、国内でのブーム到来を追いかけて世界への興味も広がり、サッカー熱そのものが最高潮に達した。

    4/30(火) 19:59配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00057919-sdigestw-socc

    1 Egg ★ 2019/04/30(火) 23:39:52.33
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556635192/


    【「どうやら世界は、野球よりサッカーに熱狂しているらしい」、実は日本人が薄々そこに気づき始めたのはほんの半世紀ほど前らしい】の続きを読む


    番記者が選ぶ、平成のヴィッセル神戸ベスト11! 三浦淳、大久保、イニエスターーファンの記憶に焼き付く名手たちを選出 - サッカーダイジェストWeb
    【ベスト11選出理由】 選手の入れ替わりが激しいだけに、在籍年数の長さやチームへの貢献度を重視。ファンの記憶に刻み込まれている選手を選んだ。監督は16年第2 ...
    (出典:サッカーダイジェストWeb)



    (出典 www.kobe-np.co.jp)


    なんか、大物っつっても、ベテランばかり集めてもなぁ。
    それでいいんかなぁ。
    見たいけど。。

    1 豆次郎 ★ :2019/05/03(金) 06:02:02.48

    5/3(金) 3:57配信
    シティの元スペイン代表MFシルバ、J1神戸行き急浮上 米報道「Jリーグの神戸移籍に興味」

    今季シティでリーグ戦31試合6ゴールと活躍、「神戸はイニエスタと組ませたい」と指摘

     J1ヴィッセル神戸に再びビッグネーム移籍の噂が浮上している。イングランド1部マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが神戸移籍に興味を持っていると米スポーツ専門局「ESPN」が伝えた。


     現在33歳のシルバは、エイバルやセルタを経て、バレンシアで4シーズンにわたって活躍。2010-11シーズンからシティに移籍し、在籍9シーズン目を迎えた今季は優勝争いを演じており、首位に立つチームにあってリーグ戦31試合6ゴールと結果を残している。

     シティとの契約は20年まで残っているが、記事では「ダビド・シルバはJリーグのヴィッセル神戸移籍に興味を持っているが、シティは来シーズンに向けて残留を望んでいる」と言及。その一方で昨夏、神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの名前を挙げ、「神戸はイニエスタとコンビを組ませたい」と指摘している。

     バレンシアでシルバと共闘した元スペイン代表FWダビド・ビジャが今季から神戸に移籍。さらにバルセロナからスペイン人MFセルジ・サンペールも補強しており、シルバが加入すれば“スペイン化”がさらに加速する。

    「シルバはまだ将来について決定的な決断を下していない」とされるが、果たして世界的名手の移籍が実現し、イニエスタらと共闘する姿が見られるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190503-00186493-soccermzw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】シティの元スペイン代表MFシルバ、J1神戸行き急浮上?米報道「Jリーグの神戸移籍に興味」】の続きを読む


    激震!イニエスタら擁するヴィッセル神戸がリージョ監督との契約を解除…一体なぜ? - サッカーダイジェストWeb
    ヴィッセル神戸は4月17日、フアン・マヌエル・リージョ監督との契約を解除することを発表した。 リージョ監督は、10月の長崎戦から神戸の監督に就任した昨季、2勝3分1敗 ...
    (出典:サッカーダイジェストWeb)


    ヴィッセル神戸(ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、1997年にJリーグへ加盟した。ホーム
    98キロバイト (8,749 語) - 2019年4月17日 (水) 03:06



    (出典 tokutoku.love)


    なかなか、上位に行けてないし、勝負の世界は、厳しい。

    1 シコリアン ★ :2019/04/17(水) 11:37:14.00

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201904170000287.html

    ヴィッセル神戸は17日、フアンマヌエル・リージョ監督(53)を自身の意向により、同日付で契約を解除したと発表した。イニーゴ・ヘッドコーチ、ホルヘ・アシスタントコーチとも契約を解除する。

    後任の監督には、吉田孝行前監督(42)が指揮を執ることも発表された。

    リージョ監督はクラブを通じ「ヴィッセル神戸のスタッフ、選手、そして会長、社長、ファンの皆様ありがとうございました。神戸という街で暮らし、素晴らしい方達と仕事をし、かけがえのない経験ができました。人生では難しい決断をしないといけない事もあります。私と家族にとってはこうする事がベストだと思いました。ヴィッセル神戸は私の心の中に常にあり続けるでしょう。皆さん、今までのサポート、本当にありがとうございました」とコメントした。


    【【サッカー】(J1)ヴィッセル神戸リージョ監督、自身の意向で契約解除】の続きを読む


    一皮むけた久保建英、U-18から日本代表まで3段飛び級の可能性も - livedoor
    FC東京でレギュラーに定着している久保建英について、週刊新潮が報じた。3月のU-23アジア選手権予選でも牽引役を担い、芸術的なFKを決めた久保。A代表には絶対的 ...
    (出典:livedoor)



    (出典 number.ismcdn.jp)


    日本のサッカーという意味では、いいことだと思うし、
    期待したいです。経済も、文化も、スポーツも世界のトップである。
    そのような母国であってほしい。

    1 シコリアン ★ :2019/04/14(日) 05:53:25.85

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/04/14/kiji/20190413s00002179659000c.html
    [ 2019年4月14日 05:30 ]

     FC東京のU―22日本代表MF久保建英(17)が18歳の誕生日を迎える6月、かつて下部組織に所属したバルセロナに復帰することが13日、決定的となった。スペインの有力紙ムンド・ディポルティボによれば、久保の代理人は現在、バルセロナに滞在中。クラブ側もすでに契約書にサインする方針で復帰が内定したという。

     久保の誕生日は6月4日。晴れて国際移籍が可能な18歳となる。元々、久保は10歳だった11年にバルセロナの下部組織に加入したが、14年にFIFAから原則禁止とされる18歳未満の外国人選手を獲得したとして、クラブが制裁を受け、公式戦に出られなくなった。翌15年、出場機会を求めFC東京の下部組織へ加入していた。

     バルセロナはスペインを離れてからも、久保の成長を追い続けていた。特に今季の成長は目覚ましく、リーグ戦は開幕から全6戦に出場。10日のルヴァン杯鳥栖戦では鮮やかなFK弾で今季初ゴールも決めた。日本代表の森保一監督もA代表への招集を示唆するなど3階級の飛び級が現実味を帯びている。

     復帰後はまずバルセロナのBチームでプレーする見通しだ。この日、FC東京側では去就に関する問いに「お答えすることはできません」と話すにとどめ、バルサ復帰を否定しなかった。レアル・マドリード、マンチェスターCなどのビッグクラブも動いていた天才レフティー。正式決定となれば日本での雄姿も残りわずか。再び海を渡る日が近づいてきた。


    【【サッカー!興奮!】久保建英の6月バルサ復帰決定的!報道、、、所属のFC東京は否定せず?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)


    マジか?そうであれば、楽しみだ。頑張ってほしい!

    1 豆次郎 ★ :2019/04/13(土) 20:35:27.39

    4/13(土) 17:13配信
    FC東京・久保、バルサ復帰が内定 スペイン紙報じる

     サッカーJ1、FC東京の久保建英が下部組織チームに所属していたFCバルセロナへ復帰することが内定したという。バルセロナを中心に展開するスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボ紙が13日伝えている。

     記事によると久保は今年6月に18歳を迎えるため晴れて国外のチームと契約を結べる状態になるため、日本へ帰国後も定期的に連絡を取っていたバルセロナへの復帰を決めたという。今年夏から2軍チームに相当するバルサBの所属になる予定。久保の獲得についてはマンチェスター・シティ(英)、PSG(仏)なども積極的に動いていたという。  

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000112-dal-socc

    ★1がたった時間:2019/04/13(土) 17:34:43.34
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555149771/


    【【ホントかよ!?】久保建英、バルセロナ復帰が内定!か?スペイン紙が、報じる?】の続きを読む

    このページのトップヘ