X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:スポーツ > 野球


    ソフトバンク3軍改革 藤本監督流、金の卵育成「面白い子は何人もおる」 - 西日本新聞
    藤本流3軍改革」で“金の卵”をふ化させる! 福岡ソフトバンクホークスの藤本博史3軍監督(55)がチーム力の底上げに向けた「3軍改革」を掲げた。2011年からホークスで ...
    (出典:西日本新聞)


    球団株式(所有割合98%、残りの2%は中内正オーナー〈当時〉が継続保有)をソフトバンクが50億円で譲り受けることで問題は決着した。 同時にソフトバンクホークスタウンは、営業譲渡と合わせ20年間の福岡ドーム使用契約を結んだ。1年間の球場使用料は48億円となる。また、同日付でコロニー・キャピタル傘下
    265キロバイト (38,184 語) - 2018年12月26日 (水) 17:07



    (出典 sp.softbankhawks.co.jp)


    ほう。

    1 名無しさん@おーぷん :2019/01/05(土)18:52:02 ID:F8D

    13 楽天←24勝マー
    14 ソフトバンク
    15 ソフトバンク
    16 日本ハム←完全体大谷
    17 ソフトバンク
    18 ソフトバンク


    できればジョーカーレベルの選手を求む


    【(2chまとめ)【急募】ソフトバンクの日本一を阻止するチーム】の続きを読む


    巨人・長野 丸の人的補償で広島移籍へ - 東スポWeb
    年明けの巨人に大衝撃だ。FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島が長野久義外野手(34)を選択する方針を固めたことが7日、本紙の取材で分かった。
    (出典:東スポWeb)


    巨人の指名を待つこととなった。 2009年2月5日、巨人長野にドラフト1位指名する方針を公表した。Hondaでは第80回都市対抗野球大会で打率.579(19打数11安打)の活躍で首位打者を獲得。チームを13年ぶりの優勝に導いた。10月29日のドラフト会議では巨人
    43キロバイト (5,019 語) - 2019年1月7日 (月) 10:32



    (出典 kura2.photozou.jp)


    ほう。

    1 pathos ★ :2019/01/07(月) 17:03:37.43

     巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。

    【写真】丸と長野、19年度はこのユニホームが逆に…

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     長野は球団を通じて「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました。また、9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることが出来ました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」とコメントした。

     長野は日大から社会人野球・ホンダを経て09年ドラフト1位で巨人に入団。通算1209試合の出場で打率・286、137本塁打をマークし、16年から2年間は選手会長も務めた。昨季は116試合に出場し、入団から9年連続2桁の13本塁打をマーク。シーズン最終盤でサヨナラ本塁打、サヨナラ適時打も放ち、チームのCS進出に貢献した。

     昨年末にはFAで加入した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償で、内海哲也投手(36)が西武へ移籍。巨人一筋で15シーズンを過ごした左腕の移籍には衝撃が走った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000106-spnannex-base




    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546825778/


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546829251/


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546833729/


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546837975/


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546842316/


    【(2chまとめ)【野球】巨人・長野、FA丸の人的補償で広島へ移籍「選んでいただけたことは選手冥利に尽きます」★6】の続きを読む


    前ヤクルト・大松尚逸インタビュー全文 戦力外通告を受けてどう思った? - スポーツナビ
    プロ野球12球団合同トライアウト参加を見合わせた中にも、現役続行を目指す選手がいる。東京ヤクルトから戦力外通告を受けた大松尚逸もそのひとりだ。千葉ロッテ時代 ...
    (出典:スポーツナビ)


    大松 (おおまつ しょういつ、1982年6月16日 - )は、石川県金沢市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。左投左打。 三馬小3年から三馬クラブで投手として野球を始める。家族は父と兄。中学時はシニアリーグ・金沢シニアに所属し、キャプテンでエースだった。高校に入りポジションが外野へ変更。肉体
    25キロバイト (2,811 語) - 2018年12月6日 (木) 21:52



    (出典 shop.r10s.jp)


    がんばってほしい。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 04:14:56.65 ID:CAP_USER9.net

    熱かった。師走の寒風が吹きすさぶ中、練習を終えたTシャツに短パン姿のまま、現役続行への思いが詰まった言葉があふれる。強い決意はひしひしと伝わってきた。
    ヤクルトから戦力外通告を受けた大松尚逸内野手には、36歳にしてなお、プレーへの情熱が燃えさかっていた。

    「引退はいつでもできる。でも、いったん引退してしまうと、戻れないですからね」。
    NPBで14年を戦い、通算84本塁打。実績十分で、野球への取り組みにも妥協はない。
    12月に入っても、ヤクルトの2軍施設でトレーニングを続けていた。

    現役にこだわる理由は2つあった。1つは体のコンディション的にプレーが可能であること。
    2つめは「違った野球を経験してみたい」というモチベーションだ。

    NPB他球団だけでなく、社会人チームへの加入も難しい状況は理解していた。
    目を向けたのは海外だ。
    米国独立リーグ、メキシカンリーグなどが候補。元DeNAの久保康友らに話も聞き、環境もリサーチしていた。

    「『全然違う』と。時間も決められてなくて、球場に着いて30分ぐらいで試合が始まるとか。経験してみないとわからないですよね。それが今後生きてくると思うんです」。
    目指す新天地は、不便で生活面も安全ではないかもしれない環境。
    それでも、目を輝かせながら挑戦への意欲を語っていた。

    アキレス腱断裂の影響から16年オフにロッテを戦力外となり、17年にヤクルト入団。
    移籍後の経験が、視野を広げてくれたという。「ロッテで終わっていたら、今回(の現役続行)も考えていなかったと思うんです」。
    昨季は2本の代打サヨナラ弾などで勝負強さを発揮。
    何より本拠地・神宮での初打席で、大歓声に鳥肌が立った感覚が忘れられなかった。
    同じ環境にいては味わえなかった“快感”を教えてもらい「ヤクルトで本当にいい経験をさせてもらったので」と感謝していた。

    米独立リーグは5月開幕。今後は野球教室やイベント出演を行いながらトレーニングを続け、来春の契約を目指す。
    ヤクルトの球団関係者も「球団に残したかったんだけどね」と惜しんだ真っすぐな人間性。
    挑戦は来年が最後になり得るという覚悟も持っていた。すべては納得して選手生活を完全燃焼するため。
    「まだ体が動くし、やりたいという気持ちがあるうちはね」と大松。
    不屈の男は海を渡る日を心待ちに、バットを振り続けている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15812453/
    2018年12月30日 15時34分 デイリースポーツ


    (出典 diarynote.jp)


    http://npb.jp/bis/players/71375110.html
    成績


    【36歳での海外挑戦、、、元ヤクルト・大松尚逸、米国独立リーグ、メキシカンリーグなど。まだ燃え尽きない情熱。】の続きを読む


    この、手のひら返しが、。
    気にせず、がんばってほしい!

    1 ばーど ★ :2018/05/01(火) 15:24:42.39 ID:CAP_USER9.net

    ・米国の記者が、エンゼルス・大谷翔平の人間性を物語るエピソードを紹介した
    ・初本塁打を放った際、その瞬間の写真をプレゼントすると申し出された大谷
    ・丁寧に断り、そのかわりに本拠地のスタジアムが写った写真を求めたという

    ■初HR写真の代わりに本拠地写真を望んだ!? ESPNの名物記者が明*

     二刀流として投打に活躍し、メジャーでセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。シーズン序盤の主役としてアメリカで大きな注目を集めている中、名物記者が若きスターの人間性を物語るエピソードを紹介すると、ファンから「何て謙虚なんだ」「真のジェントルマン」「球界の至宝」などと称賛の声が沸き起こっている。

     メジャー1年目の若きスターの横顔を紹介したのは、ESPNの看板記者バスター・オルニー氏だった。

    「ショウヘイ・オオタニは装飾品の類に興味ゼロだ。彼が初本塁打を打った後、エンゼルスはホームランを打った瞬間の写真をフレームに入れてプレゼントすると申し出た。彼は礼儀正しく断りを入れ、エンゼルスタジアムの写真を貰えるか尋ねた」

     オルニー氏は自身のツイッターでこうレポートした。大谷は4月3日(日本時間4日)の本拠地インディアンス戦の第1打席でメジャー初本塁打をマーク。球団スタッフが6歳の少年からホームランボールを回収し、大谷にプレゼントするなど、忘れられない一瞬となった。そして、球団は記念のフォトフレームをプレゼントしようとしたが、大谷は丁寧に断り、その代わりに本拠地エンゼルスタジアムが写った写真を求めたという。

    ■ファンから称賛の声続々「どこまで謙虚なんだ!」「エンゼルスファンになるべきか…」

     大谷のあまりの慎み深さに、ツイッター返信欄には地元ファンからの称賛の声が集まった。

    「どこまで謙虚なんだ! この男をすでに愛してしまっている」

    「慎み深い」

    「純粋に一流」

    「この男の決心に感銘を受ける。すぐにアメリカかぶれしないことを祈るよ」

    「エンゼルスファンになるべきか、悩んでしまう」

    「チーム最優先の選手がここにいる。この男を見るのはアメージング以外に他ならない。米球界はショウヘイという本当のスターが持つパワーを手に入れた。これからアクーニャも出てくる。もちろん、他の偉大な若い選手も数多くいる。このスポーツの将来は明るい」

    「謙虚じゃないか」

    「レンジャーズに来てほしかった」

    「2本目のホームランを生で見たよ。観衆はすでにトラウトよりも彼を気に入っている。クレイジーだ」

    「ショウヘイ・オオタニは感動的な物語だ。真のジェントルマンであり、野球界の至宝だ。彼とマイク・トラウトは無敵のペアだ。カ*ファンだが、彼らの成功を応援している」

     他球団のファンまでもが、豪快なプレーのみならず、大谷の人柄を愛している。品行方正でプロ意識の高さも評価を高めている二刀流の男は、メジャーを代表するスーパースターへの道を一歩一歩、踏みしめている。(Full-Count編集部)

    2018年5月1日 11時44分
    フルカウント
    http://news.livedoor.com/article/detail/14655339/

    関連スレ
    【MLB】大谷翔平、2試合連続欠場で “大谷ロス”が世界に蔓延 「オオタニの顔が見たいんだ」「待ちきれないよ!」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525153682/


    【大谷翔平の”秘話” 米記者披露に他球団ファンからも感激の声。】の続きを読む

    このページのトップヘ