X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:カルチャー > 歴史の人物


    ボース・アインシュタイン凝縮を宇宙空間で実現 | Nature ダイジェスト | Nature Research - Nature Asia
    ボース・アインシュタイン凝縮体と呼ばれる変わった超低温気体が、初めて宇宙空間で生成された。宇宙での生成は、地上での生成よりもさらに低い温度を実現できるなど、 ...
    (出典:Nature Asia)


    (かみ)は、信仰の対象として尊崇・畏怖されるもの。 一般的には「古代ギリシア語:Θεός テオス、ラテン語:deus、Deus デウス、英:god、God」にあたる外来語の訳語として用いられるが、これらの意味と日本語における「」は厳密には意味が異なるとされる。詳細は下記を参照。また、英語におい
    46キロバイト (5,965 語) - 2019年1月9日 (水) 05:40



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    ほう。

    1 みつを ★ :2018/12/07(金) 04:30:03.62 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35129716.html

    アインシュタイン直筆の「神の手紙」、3億円超で落札
    2018.12.06 Thu posted at 13:50 JST


    (CNN) 世界的な物理学者アインシュタインの直筆の手紙がこのほどニューヨークでオークションにかけられ、予想を上回る290万ドル(約3億2700万円)近くで落札された。アインシュタインの手紙としては史上最高額を記録した。「神の手紙」とも呼ばれるこの手紙は、宗教的な概念に異議を唱えた内容を含むことで知られる。

    オークションを運営したクリスティーズは手紙の落札価格を100万~150万ドルと予想していたが、4日に落札された価格はこれを大きく上回る289万2500ドルだった。

    宗教哲学者のエリック・グートキントに宛てたこの手紙はアインシュタインの*前年に当たる1954年に書かれた。ドイツ語の文面の中でアインシュタインは、生命や人間の社会といったものをどうとらえるかという点でグートキントと多くの共通点があると述べている。

    一方で宗教に対しては個人的な意見として厳しい批評を展開。「神という言葉は、自分にとって人間の弱さの表現、産物でしかない。聖書に書かれてあることは立派だが、ごく原始的な伝説の域を出ず、言ってしまえば非常に子どもじみたものだ」「どれほど手の込んだ説明をしようと、(自身の)こうした考えはまったく変わらない」と語っている。

    クリスティーズで書物や手記を担当するピーター・クラーネット氏はこの手紙について、「宗教と科学の論争における決定的な意見表明の1つ」だと指摘。アインシュタインの手紙や手記は比較的頻繁にオークションに出品されるが、これほど重要な文書が扱われるケースは珍しいとしている。


    【(2chまとめ)【オークション】アインシュタイン直筆の「神の手紙」、3億円超で落札】の続きを読む


    半自動運転の本当の怖さは、消費者が性能を「過大評価」することにある|WIRED.jp - WIRED.jp
    多くの自動車メーカーの最新モデルに搭載され始めている「半自動運転機能」。自動車の衝突試験や安全評価を行う欧州機関のユーロNCAPが、その能力の限界を実走行で ...
    (出典:WIRED.jp)


    は、ステレオタイプによって人々が特定グループと特色が結びつくことを期待するようになり、そのような相関が実際に起きる頻度を過大評価するようになることを発見した。人々は、ステレオタイプ化されたグループとステレオタイプ的振る舞いという変数間の関係を過大評価する。 Chapman と Chapman (1971)
    3キロバイト (466 語) - 2018年6月7日 (木) 11:26



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    ほう。

    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/29(土)21:59:55 ID:U5Z

    赤穂浪士


    【ところで、最も過大評価されてる歴史上の人物ってのは誰だ?】の続きを読む

    このページのトップヘ