X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:生活のニュース > 将来とか


    平成最後の年末年始「突然、路上生活を強いられる人々」の厳しい現実(大西 連) - 現代ビジネス
    平成最後の年末年始、寒空のなかで年を越す人がいる。 国の調査によれば、「ホームレス数」は全国で4977人(厚労省「ホームレス概数調査」2018年1月時点)。東京都内 ...
    (出典:現代ビジネス)


    ホームレス(英: homelessness)は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティック
    38キロバイト (5,476 語) - 2018年12月4日 (火) 22:33



    (出典 j.people.com.cn)


    ほう。

    1 次郎丸 ★ :2019/01/10(木) 00:37:40.84


    (出典 i.imgur.com)

    NPO法人「やどかりサポート鹿児島」理事長に保証人になってもらった女性(左)は今もやどかりのスタッフに生活状況を報告している=鹿児島市下荒田で、2018年11月12日午後2時39分、菅野蘭撮影

     身寄りのない人が公営住宅に入居する際に保証人が見つからず、入居を断念せざるを得ないケースが多発していることが明らかになった。家賃が安い公営住宅に入れず困窮する人たちを支援するネットワークはあるものの、個人の善意頼りなのが実態だ。

     「『ホームレスになるしかないかも』と悩んで、飛び降り自殺できる場所を探しました」。鹿児島市営住宅に住む女性(68)は2017年夏、市営住宅の建て替えに伴う契約更新で連帯保証人を求められ窮地に追い込まれた。

     鹿児島市内で育った女性は、高卒後に上京。結婚したが13年前に離婚し、一時うつ状態になって鹿児島市営…

    会員限定記事なので公開はここまで

    「ホームレスになるかも…」 保証人なく公営住宅辞退の女性の悩み
    毎日新聞 2019年1月9日 20時35分(最終更新 1月9日 20時38分)
    https://mainichi.jp/articles/20190109/k00/00m/040/252000c


    【(2chまとめ)【社会】「ホームレスになるかも…」 保証人なく公営住宅辞退の女性の悩み】の続きを読む


    【大喜利特別編】『World of Tanksの世界ならではの成人式とは?』回答募集中!―賞品は「World of Tanks オリジナルグッズセット」 - Game*Spark
    普段は週末限定のまったり企画Game*Spark大喜利ですが、今回は特別編として基本プレイ無料の戦車戦ゲーム『World of Tanks』とコラボ! 優秀作品には賞品 ...
    (出典:Game*Spark)


    皇太子および皇太孫の場合、式日に賢所、皇霊殿および神殿に奉告し、式後、宮中で饗宴を賜う(10、12条)。 世界の成人式 その他の国では日本のように成人年齢に達した事を全国一斉に祝うような祭典を行う国はほとんどないが、中華人民共和国などでは、成人となった時期(18
    47キロバイト (6,787 語) - 2019年1月11日 (金) 15:35



    (出典 student-magazine.com)


    ほう。

    1 マサ :2007/01/08(月) 01:02:31 0.net

    気づいたら終わってたので立てました。


    【(2chまとめ)二十歳の人!!成人式について語ろう!Part2】の続きを読む


    連休後半穏やかも…成人式の天気の注意点は(日直予報士) - tenki.jp
    成人式は穏やかな天気となる所が多いですが、注意したいポイントも。あす14日(月・成人の日)にかけての、注意したい天気のポイントをまとめました。
    (出典:tenki.jp)



    (出典 www.allnightnippon.com)


    ほう。

    1 風吹けば名無し :2019/01/13(日) 06:57:02.06 ID:+637ODKc0.net

    覚悟しろよ土方ども


    【(2chまとめ)ワイ元いじめられっこ現医学部成人式が楽しみすぎて震える】の続きを読む


    意識戻らず5年、北九州の石田さん成人式 母と姉、着物手作り 同級生、共に参加を折衝 - 西日本新聞
    14歳で突然倒れ、意識が戻らないままの北九州市の女性が13日、成人式に出席する。入院以降、初めての外出。女性が倒れ...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に ...
    (出典:西日本新聞)


    成人式(せいじんしき)とは、成人式を行う年度内に満20歳となる人々を学齢ごとに各日本の地方公共団体ごとに1月第2月曜日(成人の日)に自主的に招き、激励・祝福する行事(イベント)である。講演会やパーティーを開いたり、記念品を贈ったりする。日本政府の主催ではなく、各地方自治体が自主的に行っているため、
    47キロバイト (6,787 語) - 2019年1月11日 (金) 15:35



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    ほう。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/12(土) 23:41:31.12 ID:mjDwLbuV9.net

    民法改正で成人の年齢が18歳に引き下げられてから(施行は2022年4月)、はじめての成人式を迎えようとしている。
    しかし、約3割は「行きたくない」と感じているというデータもある。
    「成人式に行きたくないのはあなただけではありません」。自らも不登校経験者で成人式を欠席した、不登校新聞編集長の石井志昂さんはそう呼びかける。

    *  *  *
    「成人式は同窓会。絶対に行きたくない」

    「自分の人生を壊した奴らを見るのかと思うだけで、はらわたが煮えくり返る」

    私がよく取材をしている不登校、ひきこもりの人たちからは、こんな声を聞いてきました。
    ここまで強烈な思いはありませんでしたが、私も不登校経験者、成人式は欠席しています。

    成人式に行きたくないのはあなただけでありません。

    日本財団が昨年12月に調査したところ、17歳~19歳の男女のうち「成人式に出席したくない」と答えた人が29.4%(「18歳意識調査」日本財団)。実に3割の人が「行きたくない」と感じているのです。

    理由として最も多くあげられたのは「同級生に会いたくないから」36.2%。次いで「成人を祝うことに意味を感じないから」34.0%(複数回答可)。

    回答者からは「成人式行かなければならないという風潮をなくしてほしい」(女性)、「お酒を飲んで騒ぎすぎる人が増えるならなしでいいと思う。
    成人として恥ずかしいのをさらすための式ではないので」(女性)など、辛辣なコメントも寄せられていました。

    成人式は本来、次代を担う若者を励ますための式ですが、私からすれば、数多くの若者を葛藤の渦へと引きずり落としてきたセレモニーというイメージが強くあります。
    不登校経験者のAさんもその一人でした。

    ■「同級生に会いたくない」「スーツが買えない」

    Aさんは地方出身の20代男性。小学生のころに不登校をし、「自分のクロ歴史を塗り替えたい」と塾で勉強に励んで東京の大学へ進学。
    成人式のお知らせが来たのは、大学2年生のときでした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190108-00000042-sasahi-life
    1/12(土) 8:00配信


    【(2chまとめ)【成人式】辛すぎるボッチ成人式「欠席予定」だった20代男性が参加して感じた後悔と改心 約3割は「行きたくない」と感じている】の続きを読む


    結婚しない子ども…晩婚・未婚時代の“親の見守り方” - www.fnn.jp
    FNN.jp編集部 恋愛至上主義だった親世代は子どもの未婚を心配しがち 「自己責任」ではなく親が味方になってあげることが大事 ついやってしまう…?NG行動とOK行動を ...
    (出典:www.fnn.jp)



    (出典 chibitora53.com)


    ほう。

    1 チョモランマン ★ :2019/01/06(日) 09:21:33.03

    「50歳まで一度も結婚したことがない人」の割合を示す生涯未婚率は、男性が23.37%、女性は14.06%という結果になり、過去最高となっている。
    男性の約4人に1人、女性の約7人に1人だ。

    その一方で、「いずれは結婚したい」と考える未婚者(18~34歳)の割合は、男性85.7%、女性89.3%で、こちらは決して低い数字ではない。(2015年国立社会保障・人口問題研究所調査)

    ただ、以前編集部でも「若者の恋愛経験の減少」をとりあげたが、「草食化」と揶揄されることが多い若者たちによって、“生涯未婚時代”はますます進んでいってしまうのだろうか?

    そこで今回は、『超ソロ社会』著者である荒川和久さんに話を聞いた。

    親世代は“お見合い”に救われていた
    若者の結婚事情の話を聞く前に、親世代の結婚事情はどうだったのか。荒川さんは、「約7割は、結婚の社会的お膳立てシステムに救われていた」と話す。

    「『恋愛強者3割の法則』というのがありまして、彼氏や彼女がいる率というのは男女ともほぼ3割です。しかし一方で、残りの7割は、恋愛下手で受け身です。
    それを救っていたのが、『社会的お膳立てシステム』ともいうべきお見合いや職場結婚です。
    だからこそ80年代まで日本は皆婚社会だったわけです」(荒川さん、以下同)

    こうした社会的お膳立てシステムがあった時代とは異なり、今は恋愛結婚が主流になっている。
    恋愛強者ではない7割の人を救うシステムが機能しなくなってきているということだろうか?

    「生涯未婚率が急増したのは1990年頃からです。お見合い結婚が恋愛結婚に追い抜かれたのは1965年頃。
    その頃に25歳だった適齢期の男女が、生涯未婚の判断基準となる50歳になったのが1990年です。

    つまり、お見合い結婚比率が恋愛結婚比率を下回った第1世代は、そのまま生涯未婚率上昇の第1世代となったと言えるのです。
    お見合いと職場結婚とを合算して1960年代から現在に至る婚姻数の推移をみると、構成比は1960年代の7割から半分の31.9%にまで激減しています。
    当然全体婚姻数も減っていますので絶対数の減り幅は膨大です。

    もっとも婚姻数が多かった1972年と直近の2015年とを比較すると、お見合いと職場結婚を合算した婚姻数のマイナス分は約46万組となり、婚姻総数のマイナス分とほぼ同等です。
    つまり婚姻数の減少はこれら2つの減少分と完全一致します」

    また冒頭でも触れた「草食化」といったことも、関係ないと続ける。

    「この世代の人たちは、今の若者が結婚しないことについて『草食化』や『意気地がない』なんて言いますが、関係ありません。さっき申し上げた通り、いつの時代も恋愛できるのは3割です。
    むしろ世間が恋愛ブームだった80年代に20代だった若者が、2015年に生涯未婚率過去最高記録を打ち立てた張本人でもあります。
    恋愛を謳歌したからといって結婚できたわけではありません」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010003-fnnprimev-life
    1/1(火) 18:00配信

    前スレ                  2019/01/02(水) 10:37
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546518004/
    【生活】「草食化」は関係ない…若者の未婚・晩婚が増えるワケ ★9
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546577801/


    【(2chまとめ)【生活】「草食化」は関係ない…若者の未婚・晩婚が増えるワケ ★10】の続きを読む

    このページのトップヘ