X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:生活のニュース > モバイルとか


    ソフトバンクグループ > ソフトバンクグループジャパン > ソフトバンク ソフトバンク株式会社(英: SoftBank Corp.)は、ソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離、国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。2015
    73キロバイト (9,790 語) - 2021年4月1日 (木) 03:08



    (出典 group.softbank)


    料金プランとか、複雑で分からないときあるもんね。

    1 Toy Soldiers ★ :2021/04/07(水) 16:30:14.01

    まや (@1kev79d20rxFweo)さんが3:23 午後 on 金, 4月 02, 2021にツイートしました。
    母のソフバンスマホ解約にショップへ、母はタダと思って乗り換えたiPhoneが、実は4年ローン。Wi-Fiも買取で37回払い。解約にはスマホ代、アクセサリー代、Wi-Fi代と、計15万必要、ドン引きして何も出来ず帰ってきた。
    もうすぐ80になる年寄りに4年ローンて。
    ソフバンエグいわ。

    https://twitter.com/1kev79d20rxFweo/status/1377869396123602948?s=03

    ★1:2021/04/07(水) 10:41:51.46
    ※前スレ
    【ソフトバンク】母がタダと思って乗り換えたiPhone、実は4年ローン。解約に計15万 ドン引きして何も出来ず帰ってきたエグい★4  [Toy Soldiers★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617772000/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ソフトバンクの悲劇】母がタダと思って乗り換えたiPhone、実は4年ローン!解約に計15万?ドン引きして何も出来ず帰ってきたエグい話】の続きを読む


    MacでWindowsを動かす「Parallels Desktop」の最新版、SidecarでApple Pencilが使えますぜ - GIZMODO JAPAN
    着々と進化しています。Mac向けの仮想マシン環境ソフトウェアの定番ことParallelsが、最新バージョンの「Parallels Desktop 15」にアップデートされました。Windows ...
    (出典:GIZMODO JAPAN)


    MAC, Mac(マック) 強制アクセス制御(mandatory access control)とは、コンピュータのプロセス、データ、システムデバイスを、誤用、不正な利用から守る技術である。 媒体アクセス制御(media access control)とは、コンピュータネットワーク技術において、OS
    4キロバイト (468 語) - 2016年10月2日 (日) 13:59



    (出典 www.macobserver.com)


    そうなの?

    1 名称未設定 :2018/10/13(土) 12:53:47.35 ID:xmOc/cri0.net

    古いMacを使い続けるのは貧乏人のみ


    【【あのね】Macって3年で陳腐化、使い捨てなんだね】の続きを読む


    亡霊のように生き残るフロッピーディスク 最近まで米の中枢で使用? - livedoor
    過去の遺物と思われているフロッピーディスクの現在を紹介している。一部で生き延びており、IT大国の米国の中枢で最近まで使われていたそう。まだしばらくは、フロッピー ...
    (出典:livedoor)


    フロッピーディスク (floppy disk) は、磁気ディスクの一種で、磁性体を塗布・蒸着した樹脂製小円盤を樹脂製の保護ケースに入れたものである。 本来は記録媒体(メディア)が「フロッピーディスク」または「フロッピーディスクディア」で、駆動装置(駆動し読み書きする装置)が「フロッピーディスクドライブ」(FDD)
    67キロバイト (9,768 語) - 2019年8月14日 (水) 09:49



    (出典 upload.wikimedia.org)


    あれは、衝撃的なメディアでした。

    1 納豆パスタ ★ :2019/08/16(金) 06:54:10.33

    フロッピーディスクは今?「面倒を見る人」がいなくなった現状
    ハーバービジネスオンライン 2019.08.12 柳井政和
    https://hbol.jp/199114


    (出典 hbol.jp)


    ●フロッピーディスクドライバーの面倒を見る人がいなくなった

     7月の末に「Linuxでフロッピーディスクドライバーの面倒を見る人がいなくなった」という趣旨のニュース(ZD Net)が流れてきた。フロッピーディスクドライブは、過去の遺物になっている。Linuxでフロッピーディスクドライバーの開発を担当していた人は、ハードウェアをもう所有していなかったそうだ。
    https://japan.zdnet.com/article/35140578/

     ただ、仮想フロッピーディスクドライブについては現在も需要があるようだ。そして、仮想デバイスならではの問題も発生している。実際のハードウェアから切り離されて高速に動作するようになったことで、現実のフロッピーディスクでは発生しなかった競合が起き、メンテナンスが必要だったそうだ。

     そういえば、今年の3月に話題になったWindows 95の最速インストールを競うタイムアタックでは、オリジナルのフロッピーディスクやCD-ROMのイメージを使ってインストールするという話があった。古いソフトウェア資産を利用する際に、こうした機能が必要になるのだろう。
    https://ha*aday.com/2019/03/09/speedrunning-windows-95/

     フロッピーディスクについては、ユーザーインターフェース方面の話題もある。「データの保存を意味するアイコンがフロッピーディスクなのはどうなのか」という話題は定期的にネットで登場する。「保存 フロッピーディスク」という単語でGoogle検索すると、多くの記事があるのが分かる。
    https://www.google.com/search?q=%E4%BF%9D%E5%AD%98+%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF

     フロッピーディスクは過去の遺物ではあるが、人類の記憶から完全に抹消されたわけではない。

    「それにしてもフロッピーディスクか、懐かしい……」

     そう思うと同時に、フロッピーディスク界隈は今どうなっているのだろうと疑問に思った。そこで少し調べてみることにした。

    ●フロッピーディスクが現役だった時代

     そもそもフロッピーディスクが何なのか知らない人もいると思う。20年以上前には、データを保存して持ち出すと言えばフロッピーディスクだった。パソコンにはフロッピーディスクドライブが付いていた。しかし、そうしたパソコンはどんどんなくなり、現在ではフロッピーディスクドライブが付いているパソコンは皆無だ。

     フロッピーディスクは記憶媒体のひとつだ。プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、プラスチック製のケースに収めたものだ。8インチ、5.25インチ、3.5インチなどのサイズがあり、少しずつ形状が違う。

    (略)

     1.44MBというと、スマホで撮影した写真1枚よりも容量が少ない。しかし、テキストファイルを保存する分には、それほど困ることもなかった。

    https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF-8529
    http://www.kogures.com/hitoshi/history/pc-disk/index.html
    https://blogs.itmedia.co.jp/yokoyamat/2017/04/_35.html
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/22/news058.html

    ●フロッピーディスクの終焉と亡霊

    (略)

    http://www.mcmedia.co.jp/japanese/news/info/0031.html
    https://www.sony.jp/rec-media/info/20100423.html
    https://srad.jp/story/14/05/01/0840229/
    https://it.srad.jp/story/15/01/06/045226/
    https://it.srad.jp/story/16/05/28/2026232/

     ごく最近まで、IT大国のアメリカの中枢でさえこうした状況だ。機械によっては数十年現役の可能性がある。まだしばらくは、フロッピーディスクは世界の各所で使われ続けるのだろう。

    詳しくは記事リンク先へ

    関連
    【経営】製造終了したフロッピーディスクの販売を続ける社長にインタビュー
    https://potato.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1449737359/


    【【世紀の発明】フロッピーディスクは今?「面倒を見る人」がいなくなった現状とは?】の続きを読む


    ヤフーの立場で考える、ソフトバンクの子会社になることのメリット(佐野正弘) - Engadget 日本版
    去る2019年5月8日、ソフトバンクは決算説明会で、同じソフトバンクグループ傘下で、兄弟関係にあるヤフーを、連結子会社化することを発表しました。さまざまな憶測も呼ん ...
    (出典:Engadget 日本版)



    (出典 www13.plala.or.jp)


    ほう。

    1 サーバル ★ :2019/05/22(水) 21:31:13.75

    噂-2019/05/22 20:18
    ArmがHuaweiおよび子会社との契約やサポートを停止? 英BBCが報じる
    編集部:小西利明
    この記事をはてなブックマークに登録
    75
    27
     英国時間2019年5月22日,BBCが報じたところによると,半導体設計企業の大手であるArmは,従業員に対して,Huawei Technologies(以下,Huawei)およびその子会社との契約やサポートを停止するように指示したとのことだ。米国商務省が,Huaweiおよび関連会社に対する取引禁止措置を行ったことへの対応であるという。

     Arm製のCPU IPコアである「Cortex-A」シリーズや,GPU IPコア「Mali」シリーズは,Huaweiの傘下にある半導体設計企業HiSilicon Technologies(以下,HiSilicon)が手がけるSoC(System-on-a-Chip)のKirinシリーズで使われており,Huawei製スマートフォンにとって,なくてはならないプロセッサだ。
     仮に報道のとおりであると,HiSiliconはArm製のCPU IPコアやGPU IPコアを将来のSoCで使えないということになり,米国による規制が続けば,Kirinシリーズは現在のままでは存続さえできないことになる。仮に大幅な設計変更をしたとしても,米国の規制に抵触することなくArm製のCPUやGPUを置き換えられるプロセッサが簡単に見つかるとも思えず,Huaweiに対する打撃が一層大きなものとなる可能性は高いだろう。
    https://www.4gamer.net/games/143/G014356/20190522116/

    ★1 :2019/05/22(水) 20:45:51.08

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558525551/


    【【ソフトバンク】Huawei、スマホのSoC(CPU/GPU)自社生産できなくなる危機!?ArmがHiSiliconらと契約停止】の続きを読む


    携帯電話 競争通じ料金の値下げ促そう - 読売新聞
    携帯電話業界の競争を促し、料金の値下げにつなげることが大切だ。 NTTドコモとKDDI(au)は、月々の通信料金を最大4割引き下げる新料金プランをそれぞれ発表した。6 ...
    (出典:読売新聞)



    (出典 isuta.jp)


    ほう。

    1 ガーディス ★ :2019/05/19(日) 09:10:40.62

    菅義偉
    2019年05月18日 18:43
    先週、電気通信事業法の改正案が成立しました。
    今秋から携帯電話の通信料金と端末代金の完全分離が徹底され、利用者にとって分かりやすくなります。

    今や携帯電話は一人一台の時代であり、ライフラインのひとつとなりました。
    一方で、家計支出における利用料は、デフレが続いていたこの10年間でも約4割も増え、家計を圧迫する大きな要因となっています。
    携帯電話の利用料はOECDの調査によれば、日本は加盟国の平均の2倍程度、他の主要国と比べても高い水準です。

    このように国民生活に欠かせなくなった携帯電話サービスですが、契約内容が複雑でわかりにくい、店舗での契約などに2時間かかる、通信と端末のセット販売、「2年縛り」や「4年縛り」など、利用者からみてサービスや料金が見合っているかが、わかりづらいという課題があります。

    そのうえ、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社が9割のシェアを占める寡占状態です。大手3社は、携帯電話事業で7~8千億円もの利益を上げ、全産業の利益率が6%程度の中で、大手3社は20%にも上ります。
    昨年度の上場企業の営業利益ランキングでは、3社全てが10位以内に入っています。
    国民の財産である電波の提供を受けているにも関わらず、充分な競争が働いているとは言い難い状況です。

    事業者が過度に利益を上げるのではなく、利益やサービスは国民に還元されるべきであり、事業者間で競争がしっかり働く仕組みの整備は政府の責任です。

    そこで今回の法改正により、通信と端末とのセット販売や「2年縛り」などをできないようにし、利用者にとって分かりやすい仕組みとしました。利用者が通信料金と端末代金、それぞれを単独で比較、選択できるようになり、競争の進展を通じて、通信料金と端末代金双方の価格が下がることが期待できます。

    こうした流れを受けてドコモやauなどの携帯事業者は、通信料金を引き下げる新たな料金プランを発表し、10月には楽天が事業者として新たに参入するなど、これから携帯電話料金の引き下げに向けた本格的な競争がいよいよ始まりました。
    新たなサービスの展開が見込まれる5G時代も見据え、利用者にとって分かりやすく納得できる料金・サービスを実現できるよう引き続き力を尽くしてい参ります。

    https://lite.blogos.com/article/377993/


    【【docomo・softbank・au】菅官房長官「大手三社は競争が働いていない」】の続きを読む

    このページのトップヘ