X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:生活のニュース > 健康とか


    蔓延防止等重点措置 (まん防からのリダイレクト)
    / オーバーシュート)を防ぐ措置のことで、全国的かつ急速なまん延を防ぐことを目的としているものである。略称は「マンボウ」(まん防、蔓)。後述の問題もあり、「まん延防止措置」、「まん延防止」、「重点措置」などと略されることもある。
    34キロバイト (4,619 語) - 2021年4月16日 (金) 16:20



    (出典 tsurinews.jp)


    来ないでと言われても、、、ですよね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/17(土) 07:33:12.28

    東京都の小池百合子知事が16日、都庁で定例会見を開いた。

     感染力が高い新型コロナウイルスの変異株が、都内でも急増し、若い世代への拡大が顕著だと訴えた。専門家からは、現在の人流抑制のレベルでは、変異株に負けてしまうとの指摘があり、「爆発的に増加してもおかしくない」との警告を受けていると明かした。

     第4波は「非常にきつい」と述べ、前日15日に呼びかけて、各方面が反応した「東京に来ないで」に関して、「きのうも申しあげました。都との県境を越える移動は控えて。出勤者数は3割に抑制して欲しい。特に都外にお住まいの皆様には、エッセンシャルワーカーなど、どうしても出勤が必要な方以外は『東京に来ないでください』ということを、改めて申し上げたいと思います」と述べた。

     神奈川県の黒岩祐治知事は同日に日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、小池知事の発言について「実際問題、無理だと思います」と述べた。

    4/16(金) 18:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0cc066e46381fce7ac9a587cbb47c88fd5171b6


    【【東京】小池知事会見 もう一度言う「東京に来ないで」 神奈川知事「無理」反応も】の続きを読む


    新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) > 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症の世界的流行 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によっ
    332キロバイト (38,502 語) - 2021年4月9日 (金) 03:28



    (出典 covid19-yamanaka.com)


    前線はまだ、危険な状態か。

    1 TONちゃん(北海道) [ニダ] :2021/04/09(金) 13:53:28.57


    米国で新型コロナウイルスのパンデミックが始まってからの1年の間に、3600人以上の医療従事者が命を落としていたことが、英紙ガーディアンとカイザー・*・ニュース(KHN)の調査報道で明らかになった。

    米政府は医療従事者の死亡に関する包括的な統計を取っていない。しかしバイデン政権に対し、統計を取るよう求める声は強まっている。

    ガーディアンとKHNは、コロナ禍で死亡した米国の医療従事者の死亡数や死亡原因を調べた。その結果、死亡した医療従事者は、データが入手できる限りでは非白人が70%を占めることが分かり、人種や民族、経済状態に関連した格差が浮き彫りになった。看護師や助手、介護施設の従業員など患者の日常的な介護や看護にあたる賃金の低い労働者は、医師に比べて死亡する確率が圧倒的に高かった。

    そうした死亡の多くは防ぐことができたはずだった。マスクなど個人防護具(PPE)の不足や新型コロナ検査の不足、不十分な接触者追跡、政治家によるマスク着用ガイドラインの不一致、雇用主の不手際、政府の規制当局による職場の安全基準の不徹底などが、医療従事者のリスクを増大させていた。医療従事者が新型コロナに感染する確率は、一般の人に比べて3倍以上高いことも分かった。

    集中治療室(ICU)に勤務する医師の中で米国で初めて新型コロナウイルスによる死亡が確認されたのは、ニューヨークとニュージャージー州で新型コロナ患者の治療に当たっていたフランク・ゲイブリン医師(60)だった。ほかの多数の医療従事者と同様に、ゲイブリン医師は適切なPPEを着けずに働き、友人へのメールで「未使用のPPEがない」「N95マスクがない。自前のゴーグル、自前のフェイスシールド」と伝えていた。

    ニュージャージー州の大学病院に勤務する看護師のマリッツァ・ベニケスさんは、パンデミックが始まってからの数カ月で同僚11人が死亡した。患者と同様に、死者のほとんどが黒人やラテン系だった。

    今回の調査報道には100人以上の記者が貢献し、情報公開請求や政府および民間の情報源、死亡記事やSNSの投稿、家族や職場、同僚経由の死亡確認などを通じて死者を記録した。

    https://www.cnn.co.jp/usa/35169049.html


    【【アメリカ】3600人以上の医師や看護師がコロナで死亡!医療従事者不足が深刻化、。】の続きを読む


    インドの仏教(インドのぶっきょう)は、仏教の開祖の釈迦牟尼(ガウタマ・シッダールタ)が古代インド十六大国時代の一つコーサラ国のカピラ城(カピラヴァストゥ)に生まれたことに始まるとされる。 現在はカピラ城の所在は不明だが、ネパールのティラウラコート と、インドのピプラーワー (Piprahwa、ピプラフワとも)が有力である。
    26キロバイト (3,860 語) - 2020年4月25日 (土) 23:50



    (出典 activities.his-j.com)


    インドもか。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/04/09(金) 08:47:34.22

    インドでは新型コロナウイルスの感染が再拡大し、感染の第2波に直面している。
    モディ首相は8日、国内各州の代表と会談したが、州政府からは、ワクチン不足に対する不満の声が相次いだ。

    インドは新型コロナワクチンの世界最大生産国で、各国にもワクチンを輸出している。
    国内の累計接種回数は約9200万回と米中に次ぐ水準だが、人口当たりで見ると接種率は多くの国を下回る。

    モディ氏とビデオ会談を行った各州政府代表は、感染の第2波を封じ込めるため、
    現在45歳以上と医療従事者に限定されている接種対象を若年層にも広げるよう求めた。

    一方、モディ氏は「一夜にして大きなワクチン工場を設立できるわけではない」と述べ、
    「都市部では多くの住民が貧困者や高齢者だ。こうした人に優先的にワクチンを接種すべきだ」と主張した。

    保健省は、接種対象者分の十分なワクチンを確保していると説明しているが、
    商都ムンバイがあるマハラシュトラ州など一部の州ではワクチン不足で接種施設が閉鎖されている。

    国内の感染者は約1290万人と、米国とブラジルに次いで高水準。死者は16万6862人に達している。

    感染者急増を受けてマハラシュトラ州など一部の州は、夜間の外出を禁止し、ショッピングモールや飲食店などを閉鎖した。
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-india-idJPKBN2BV38N


    【【コロナ】 感染第2波のインド、ワクチン不足で政府に不満高まる!】の続きを読む


    1849年 - チャールズ・ファイザーらによってニューヨークで創業。南北戦争時の北軍の医薬品はほとんどファイザーが製造した。 1949年 - 抗生物質テラマイシンが初の自社開発品として成功を収めた。 1970年 - 社名をチャールズ・ファイザー&カンパニー・インクから、ファイザー・インクに改めた。 1982年
    24キロバイト (2,638 語) - 2021年3月21日 (日) 05:30



    (出典 www.pasona.co.jp)


    日本劣勢。

    1 クロ ★ :2021/03/07(日) 10:09:49.66

     新型コロナウイルス対策の「切り札」(菅義偉首相)とされるワクチン接種。世界で争奪戦が繰り広げられている。米製薬大手ファイザー社との交渉には霞が関の常識は通用せず、交渉に「首相を出して」と求めてくるなど、忖度(そんたく)のない国際社会の論理に翻弄(ほんろう)された。舞台裏を検証した。

     ◆主導権取れず

     新型コロナウイルスのワクチンを巡るファイザーからの返答に政府関係者は絶句した。ワクチンの総合調整役である河野太郎行政改革担当相が「私が直接、ファイザーと話をする」と乗り出した直後、相手は「交渉には首相を出してほしい」と逆指名し、一閣僚は相手にしないとの強烈な意思を示した。巨大企業との協議はあっという間に暗礁に乗り上げた。

     二月九日の国会。「一瓶で五回分しか取れない」とした田村憲久厚生労働相の答弁に動揺が広がった。一月二十日にファイザーと年内に七千二百万人分をもらうと契約したばかり。一瓶で六回分注射ができる前提で積み上がった数字。五回に減れば、全体で千二百万人分が消えることになる。

     政府内では契約後の一月下旬に事態を把握。「一瓶五回分で七千二百万人分の確保」を目指し、河野氏が交渉の前面に出る...

    中日新聞
    2021年3月7日 05時00分
    https://www.chunichi.co.jp/article/213739

    (出典 static.chunichi.co.jp)


    【【米ファイザー】「交渉には首相を出せ」日本を翻弄!ワクチン交渉、劣勢での契約も?】の続きを読む


    インフルエンザ(イタリア語: influenza、ラテン語: influentia)とはインフルエンザウイルス急性感染症。上気道炎症状・気道感染症状、呼吸器疾患などを呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。日本語ではインフル、英語ではfluと略されることも多い。
    79キロバイト (10,693 語) - 2021年3月25日 (木) 05:47



    (出典 influ.help)


    そうなんですが。

    1 どこさ ★ :2021/04/09(金) 04:55:16.47

    コロナよりも怖い日本人の「正義中毒」 和田秀樹×中野信子が解説


    新型コロナウイルスとの闘いが始まって、1年あまり。
    「新しい生活様式」のなかで自粛警察が横行するなど、この間に、日本が抱える問題点が浮き彫りになってきた。

    精神科医の和田秀樹氏と脳科学者の中野信子氏が分析する。


    和田:新型コロナウイルスは、日本やアジアではインフルエンザと大して変わらないんですよ。
    日本でのインフルエンザでの死者数は、年に約1万人(注1)ですから。

    中野:コロナで怖く感じたのは、むしろ営業を継続する店への嫌がらせとか、
    ちょっと出かけただけでバッシングするとか。そういう人間の行動です。
    本人は強い正義感でやっているつもりでしょうが、他人を攻撃することでドーパミンが放出され、
    快楽にはまってしまうんです。私はそれを「正義中毒」と呼んでいます。

    和田:飲食店がどういう対策を取っているかが重要なのに、形式的に開けているか開けていないかで、悪いか良いかを決めて、叩く。

    中野:日本人は「スパイト行動(注2)」を取りがちだという実験結果が出ています。
    自分以外の人間が得をしているのを見ると、許せないという気持ちが強い。そのため、皆が我慢をしているときに得をしている人がいると、
    その人を激しい攻撃対象にしてしまうんです。攻撃のターゲットにならないように、皆、より強く我慢を強いられます。
    マスクにしても、「自分はルールを遵守する人間ですよ」という象徴。ルールに従う人、従わない人を峻別する装置です。

    和田:日本人は、ルールは絶対に守らないといけないという強迫観念が強い。
    そしていったん決まったルールを変えるのは、とても苦手なんです。


    (注1)インフルエンザによる直接死と、原疾患が悪化して*だ間接死を合わせたインフルエンザ超過死亡の推計。

    (注2)たとえ自分が損をしてでも、他人が得をしないように足を引っ張る行為。


    和田秀樹(わだ・ひでき)/1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業後、同大学附属病院精神神経科、
    老人科、神経内科で研修。現在は国際医療福祉大学赤坂心理学科教授、和田秀樹こころと体のクリニック院長などを務める。

    心理学や受験指導に関する書籍を多数執筆。今月、『孤独と上手につきあう9つの習慣』が文庫化予定。

    AERA2021.4.8 11:30
    https://dot.asahi.com/wa/2021040700009.html?page=1

    前スレ ★1 [影のたけし軍団★] 04/08(木) 12:07
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617851250/


    【【コロナ禍】「コロナは、日本ではインフルエンザと大して変わらない。 日本でのインフルエンザでの死者数は年に1万人」】の続きを読む

    このページのトップヘ