X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:生活のニュース > 健康とか


    「平成女子」の憂鬱 職場に取り憑く“昭和の亡霊”の正体とは? (1/5) - ITmedia
    平成元年生まれの働く女性に本音を直撃。国や企業が掲げる「女性活躍」の建前とは裏腹に、特に「男社会」な金融系の職場にはびこるひずみを問う。 (1/5)
    (出典:ITmedia)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ほう。

    1 名無しさん@おーぷん :2019/03/08(金)21:22:32 ID:YRO

    どうしたらええんや?


    【「うつ病」とかではないけど毎日「憂鬱」なんやけど、、、。】の続きを読む


    明日は我が身。iPhoneの「メディカルID」が緊急時の味方になる:iPhone Tips - Engadget 日本版
    あなたの名前は?血液型は?緊急連絡先は?』──。自然災害、事故、発作など、もしものときは突然やってきます。意識不明や体が硬直している場合などは、周囲の人や ...
    (出典:Engadget 日本版)



    (出典 chitei-records.jp)


    ほう。

    1 ばーど ★ :2019/02/23(土) 14:10:47.88


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    電車の中で急病で苦しむ人を見かけたことはありませんか。自分が声をかけようか。いやいや、誰かが助けてくれるだろう。いざ、そうした状況になると勇気がいる行動です。いま、女子高校生が投稿したあるツイートが大きな反響を呼んでいます。(ネットワーク報道部記者 目見田健 玉木香代子)

    “誰も押さない”ボタン
    今月18日正午ごろ、横浜に向かう私鉄の車内で男性の異変に気付いた乗客がつぶやいたツイートが、7万リツイートを超えています。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    投稿したのは18歳の女子高校生のちかさん(仮名)。ちかさんはアルバイトに向かう途中、特急の先頭車両にいました。スーツ姿の会社員などで混み合う車内。そのとき…

    「体調の悪い方がいます!緊急停止ボタンを押してください!」という女性の大きな声が響きました。40代くらいの男性がけいれんしていて、おう吐もしていたそうです。

    電車は特急で次に停車する駅までまだ少し時間があります。車内の後方には、緊急事態が起きた時に乗務員に知らせるボタンがついていました。しかし、体調が悪化した男性の近くにはボタンがありません。

    ちかさんはそのときボタンがある車両の後方に向かって「(ボタンを)押してください!」と叫びましたが、誰ひとり、動こうとする人はいませんでした。

    聞こえていないかもしれないと思い何度も叫びますが反応がありません。ちかさんはしびれをきらしておそるおそる人混みをかき分け、ボタンを押しました。
    周囲の反応にショック!
    電車は緊急停止。アナウンスを通じて車掌が状況を確認し、2分ほどしたあと横浜駅に向けて運行を再開。そのとき、ちかさんは、周りのこんな声を耳にし、ショックを受けます。

    「子どもが押すなよ」
    「あー遅れた!」
    「遅延すると困るじゃないかー」

    ちかさん本人に聞きました。

    「とても怖かったし、多くの大人もいたのに、誰も何もしてくれないんだって自分の判断が間違っていたのかということでも悩みました」
    この電車は神奈川県の横浜駅と海老名駅を結ぶ相模鉄道でした。会社に確認すると体調不良を訴えた男性は、横浜駅で救急隊員によって救助されたということです。

    相模鉄道の広報担当者は、「このボタンは車内で急病人が出た時などに使用するものです。批判があったかもしれませんが女子高校生(ちかさん)がとった行動は間違いではありません」と話しています。
    ■ネットでは称賛の声


    (出典 www3.nhk.or.jp)



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ■ボタンは何のために?

    電車内のボタン。いったい何のために設けられているのでしょう。ボタンの名称は鉄道会社によって違いますが、「車内非常ボタン」や「車内警報ブザー」などと呼ばれています。

    以下ソース先で

    2019年2月22日 17時36分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/amp/k10011824031000.html?__twitter_impression=true


    【【電車】急病で苦しむ人、誰も押さない非常ボタンを押したら「あー遅れた!」「遅刻する」の声、、、緊急時あなたはボタンを押せますか?(2ch)】の続きを読む


    【健康寿命UP術】寒い時期の「ビタミンD」不足 糖尿病リスクに拍車 - ZAKZAK
    暦の上では春だが、度重なる寒気が列島を覆う。日光にあたる時間が少ないと皮膚で産生されるビタミンDが不足して、大腸がんなどの病気につながる可能性があることを ...
    (出典:ZAKZAK)



    (出典 www.clinico.co.jp)


    ほう。

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/13(水) 21:36:58.240

    安くて量もあり手軽にご飯のお供に何処でも買えて保存も利く完璧だわ!!


    なんでしょう(´・ω・`)?!


    【【朗報!】一人暮らしに最高の副菜見つかる!!ビタミンミネラル食物繊維豊富!!!(2chまとめ)】の続きを読む


    医師の過労どう防ぐ スタッフへの業務移管で残業減|出世ナビ|NIKKEI - 日本経済新聞
    いよいよ4月から残業規制が始まるわね。でも医師は5年間は対象外だって聞いたわ。医師の働き過ぎ防止策は必要よね。ただ、病気になったとき、ちゃんと診察を受けられる ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 tezukaosamu.net)


    ほう。

    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/02/14(木) 20:40:41.82

    無診察で処方箋発行 地域医療、脆弱さ露呈 上小阿仁村


     秋田県上小阿仁村唯一の医療機関・国保診療所の内科常勤医が、
    不在で患者を診察していないにもかかわらず、処方箋を発行していた問題。
    無診察での処方箋発行は医師法に抵触する行為で、診療所を運営する村は
    「法に対する認識が甘かった」とする。常勤医はインフルエンザに感染し
    診察できなかったが、代わりの医師が診察する支援体制は整っておらず、
    地域医療の脆弱さも改めて浮き彫りとなった。

     村によると、内科常勤医の柳一雄所長(80)は5日午前8時ごろ、
    診療所内の検査でインフルエンザに感染していることが分かり、
    隣接する住宅へ戻った。村は4日間の休診を決め、午前10時半に
    村内全戸に設置されているIP端末機で知らせた。

     しかし、継続的に服用する持病の薬がなくなったという高齢者が、
    休診を知らせる前から診療所を訪れていた。「薬だけもらえればいい」と
    言う患者の体調を看護師が聞き取り、血圧測定などを行った上で
    柳所長に電話連絡し、処方箋を発行したという。

    (全文 1224 文字 / 残り 811 文字)


    秋田魁新報(2019年2月14日 14時0分 掲載)
    https://www.sakigake.jp/news/article/20190214AK0007/


    【【医療】お爺ちゃん医師(80)インフルエンザで診療できず→患者が「薬だけもらえればいい」と言うので発行→医師法違反 秋田・上小阿仁村(2chまとめ)】の続きを読む


    池江選手白血病公表 平泳ぎ小関は絶句「何も頭に入ってこない」:イザ! - iza(イザ!)
    昨年のジャカルタ・アジア大会で競泳平泳ぎ3冠の小関也朱篤(やすひろ、ミキハウス)は12日、東京都世田谷区内の日体大で練習を公開した。白血病を公表した池江璃 ...
    (出典:iza(イザ!))


    白血病や、類縁疾患と白血病の境にあり厳密には他の疾患グループに入れられている白血病(非定型慢性骨髄性白血病、慢性好中球性白血病や慢性骨髄単球性白血病、慢性好酸球性白血病、若年性骨髄単球性白血病、慢性好塩基球性白血病、肥満細胞性白血病、他、)などもあり、それらを含めると白血病の種類はきわめて多い。
    171キロバイト (26,667 語) - 2019年2月12日 (火) 13:07



    (出典 scienceportal.jst.go.jp)


    ほう。

    1 AHRA ★ :2019/02/12(火) 17:00:49.84 ID:CzYIoTID9.net

    競泳女子の池江璃花子選手(18)が診断された「白血病」は、血液のがんの一種で、若い世代で罹患(りかん)する割合が最も多い。かつては生存率が低かったが、近年治療法が急速に進歩しており、若い世代の白血病は7割以上が治っている。

    国立がん研究センターによると、白血病は赤血球や白血球などの血液細胞が分化する際に何らかの遺伝子異常が起きてがん化し、無制限に増殖することで発症する。こうした遺伝子異常が起きる原因などは十分に解明されていない。

    「白血病」は大きく分けると、がん細胞が急速に増殖する「急性白血病」と、ゆっくり増殖する「慢性白血病」がある。池江選手は自身のツイッターでは「白血病」としか説明しておらず、どの種類なのかは不明だ。

    急性白血病ならば、赤血球に異常が起きて血液中で減少すると、貧血で息切れや動悸(どうき)などの症状が出る。白血球が減少すると、感染症になりやすくなって発熱などが起きる。こうした自覚症状で検査を受けた結果、判明することが多い。例えば急性骨髄性白血病の場合、10万人に2~3人が発症するとされる。

    一方、慢性白血病は白血球などがゆっくりと減少するため初期段階では自覚症状がほとんどなく、健康診断などで偶然見つかる場合が半数以上を占める。慢性骨髄性白血病の場合、10万人当たり1人程度発症するが、発症が多いのは50歳代とされる。

    同センターが2018年5月に初めて公表した調査結果では、がんになった15~19歳の4分の1が「白血病」と診断されており、最も多かった。

    同センターによると、急性骨髄性白血病の場合、体力のある若年者ならば、最初に複数の抗がん剤で遺伝子異常が起きた白血球を根絶する強力な化学療法をした後、造血幹細胞移植をするなどして正常な白血球を増やす治療法を行うのが一般的だ。

    治療期間は患者の状態によって異なるが、正常な白血球が増加して体力が回復してくれば、次第に元の生活に戻すことも可能になる。プロ野球選手やサッカー選手で白血病の治療を受けた後に復帰した選手もいる。

    池江選手もツイッターで「私自身、いまだに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と書き込んでいる。

    2019/2/12 15:41
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41160070S9A210C1CC1000/

    (出典 www.nikkei.com)


    【【白血病】若い世代のがんで最多 治療法は進歩 若い世代の白血病は7割以上が治っている(2chまとめ)】の続きを読む

    このページのトップヘ