X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:カルチャー > 漫画


    また、カトキハジメ独自リファインバージョンのキット「Ver.Ka」や、ゲーム『機動戦士ガンダム 一年戦争』とのタイアップ、プラモ漫画『プラモ狂四郎』オリジナルの「パーフェクトガンダム」、『機動武闘伝Gガンダム』に登場したモビルファイターをアクション性を重視しキット化した「FIGHTING
    125キロバイト (17,910 語) - 2021年3月12日 (金) 13:16



    (出典 sssdgundam.fc2web.com)


    即買いやね。

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/11(木) 20:04:13.323

    買うべきか?


    【【プラモ狂四郎がブックオフに売ってたが、、、】】の続きを読む


    )は、秋田県出身の日本の漫画家。代表作は『プラモ狂四郎』(クラフト団との共作)。 ダイナミックプロダクションに勤務しながら、1972年『少年ジャンプ別冊』で『エレジーママロボット』でデビュー。『がんばれ!!ロボコン』『秘密戦隊ゴレンジャー』のコミカライズなどを担当。 『プラモ狂四郎
    5キロバイト (683 語) - 2020年6月16日 (火) 10:24



    (出典 img.mandarake.co.jp)


    なつかしい。また作ろうかな。

    1 HG名無しさん :2017/11/06(月) 03:20:10.56

    プレイヤーが全員おっさん


    【【現代版プラモ狂四郎でありそうなネタ】】の続きを読む


    ガンプラは、「ガンダムのプラモデル」の略称。 「ガンダム」とはアニメ作品『機動戦士ガンダム』劇中に登場したモビルスーツ(ロボット)である「ガンダム」のことだが、「ガンプラ」という名称を広義に用いる場合は単にガンダム一体だけを指すのではなく、「ガンダムシリーズ」全体に登場する他のモビルスーツやモビル
    125キロバイト (17,910 語) - 2021年3月12日 (金) 13:16



    (出典 news.walkerplus.com)


    なぜ?

    【【なぜ?】ガンプラアニメってプラモ狂四郎やビギニングが受け入れられてビルドシリーズはどうして受け入れられないの?】の続きを読む


    ラジコンボーイ』は、大林かおるによる日本の漫画作品。『月刊コロコロコミック』(小学館)1983年6月号から1989年12月号まで連載された。単行本は全17巻。 ラジコンを題材とした作品。天才的なラジコンの腕を持つ少年・車剛が、作中で手に入れる様々なラジコンを駆使してラジコンレースや対戦などをこなしていく物語である。
    37キロバイト (5,831 語) - 2020年5月3日 (日) 08:42



    (出典 corocoro.jp)


    サンダードラゴンやろ!?

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :04/08/14 03:08

    ラジコンブームの火付け役


    【【コロコロ】なつかしい、1980年代!「ラジコンボーイ」を覚えていますか?】の続きを読む


    『別冊コロコロコミック』(べっさつコロコロコミック)は、小学館が発行する隔月刊少年漫画雑誌。1981年5月に『月刊コロコロコミック(月コロ)』の姉妹誌として創刊。 偶数月28日ごろ発行。正式名称「別冊コロコロコミックSpecial」。通称「別冊コロコロ」または「コロ
    101キロバイト (516 語) - 2021年4月6日 (火) 14:16



    (出典 www.amazon.co.jp)


    もう少し古い。

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/26(金) 02:06:32.762

    太陽少年ジャンゴ
    宇宙人田中太郎
    コロッケ
    星のカービィ デデデでプププな物語
    推理の星くん


    【【漫画】1995年生まれだけど当時のコロコロコミック語れるやついる? 】の続きを読む

    このページのトップヘ