X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:ロック > ギャラガー



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    Oasis - Live Forever

    (出典 Youtube)


    ほう。

    1 湛然 ★ :2018/04/03(火) 22:27:55.62 ID:CAP_USER9.net

    2018/04/03
    ノエル・ギャラガー、“Live Forever”がイギリス史上最高の楽曲に選ばれたことにコメント

    ノエル・ギャラガーは、オアシスの“Live Forever”が最新の人気投票でイギリスにおける歴代最高の楽曲に選ばれたことについてコメントしている。

    1994年発表のデビュー・アルバム『ディフィニトリー・メイビー』からのサード・シングルである“Live Forever”は、「ラジオX」による『ベスト・オブ・ブリティッシュ』と題された最新の人気投票で1位を獲得している。また、トップ10にはオアシスの曲が5曲ランクインしている。

    “Live Forever”は今回、クイーンの“Bohemian Rhapsody”をかわして首位を獲得している。クイーンの“Bohemian Rhapsody”は、2017年の『ベスト・オブ・ブリティッシュ』で首位を獲得していた。

    オアシスの楽曲としては他に、“Don’t Look Ba* In Anger”(3位)、“Wonderwall”(6位)、“Slide Away”(7位)、“Champagne Supernova”(9位)がランクインしている。

    ノエル・ギャラガーは今回の投票結果を受けて、次のようにコメントしている。「俺はいつだって、自分だったらできると思っているところよりも高いところを目指してきたんだ。同世代や先代の人たちよりもビッグで優れた存在になりたがってる奴らっていうのはいるわけだけどさ。俺はどうなんだって? 俺はただ自分よりビッグな存在になりたいだけだよ。まあ、お分かりの通り、それもほとんど不可能のようなことなんだけどさ」

    「ラジオX」の編集局長を務めるマット・デヴァソンは次のように述べている。「今年はオアシスが数十年にわたるイギリスの素晴らしい楽曲の中からトップ100の首位に立ちました。1994年の“Live Forever”のリリースは、イギリスで最も偉大なバンドの一つによる、時代を決定づけるデビュー・アルバムの到来を告げるものでした。それはイギリスの音楽にとって非常にエキサイティングな瞬間だったのです。非常に特別な楽曲で、この1年もこの楽曲が大いに愛されたマンチェスターのアンセムとして感動的に響き渡るのを我々は見てきました」

    (中略)

    トップ20にランクインした楽曲は以下の通り。

    1. Oasis - ‘Live Forever’
    2. Queen - ‘Bohemian Rhapsody’
    3. Oasis - ‘Don’t Look Ba* in Anger’
    4. The Stone Roses - ‘I Am the Resurrection’
    5. The Verve - ‘Bitter Sweet Symphony’
    6. Oasis - ‘Wonderwall’
    7. Oasis - ‘Slide Away’
    8. The Smiths - ‘There is a Light That Never Goes Out’
    9. Oasis - ‘Champagne Supernova’
    10. Arctic Monkeys - ‘I Bet You Look Good on the Dancefloor’
    11. The Stone Roses - ‘I Wanna Be Adored’
    12. David Bowie - ‘Heroes’
    13. Arctic Monkeys - ‘A Certain Romance’
    14. David Bowie - ‘Life On Mars-’
    15. Led Zeppelin - ‘Stairway To Heaven’
    16. Pulp - ‘Common People’
    17. Pink Floyd - ‘Wish You Were Here’
    18. The Rolling Stones - ‘Gimme Shelter’
    19. The Stone Roses - ‘She Bangs The Drums’
    20. The Courteeners - ‘Not Nineteen Forever’

    トップ100すべてのランキングはこちらから。

    http://charts.radiox.co.uk/2018/


    Photo: GETTY

    (出典 nme-jp.com)

    https://nme-jp.com/news/52497/


    【(2chまとめ)【音楽】ノエル・ギャラガー、“Live Forever”がイギリス史上最高の楽曲に選ばれたことにコメント】の続きを読む



    (出典 www.sonymusic.co.jp)


    ほう。

    1 風吹けば名無し :2018/07/09(月) 09:46:39.00 ID:93EujFWTa.net

    ガンダムに出てそう


    【(2chまとめ)ノエル・ギャラガー←めっちゃ格好よくね?】の続きを読む


    ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング ・バーズ、スポティファイで新たなプレイリストが公開 - http://nme.com
    ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング ・バーズはスポティファイで新たなプレイリストが公開されている。 今回公開されたのは「ディス・イズ・ノエル・ギャラガーズ・ハイ・ ...
    (出典:http://nme.com)



    (出典 s.blogcdn.com)


    ほう。

    1 湛然 ★ :2018/06/22(金) 22:48:35.13 ID:CAP_USER9.net

    2018/06/22
    ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明*

    ノエル・ギャラガーは最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かしている。

    世界各地をツアーで訪れるノエル・ギャラガーだが、カルチャー・サイト「ラッド・*ル」によるインタヴューに応じて、一連のユニークな質問に答えている。

    インタヴューの中でノエル・ギャラガーは窓の外を眺めることが好きなことを指摘され、窓から眺める理想的なシチュエーションについて訊かれると、日本のホテルの名前を答えている。「そこから眺めるのが特別好きな窓があるんだけど、東京のホテルの40何階とかにあるやつでさ。パークハイアットだな。東京を一望できるんだ。いい眺めだよ」

    インタヴューではその他にも様々な質問に答えており、「*にお金を払ったことはあるか?」という質問に対しては笑いながら「いや、俺はないよ」と答えている。

    ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは先日、“God Help Us All (Demo)”のリリック・ビデオが公開されている。

    “God Help Us All (Demo)”は先日、シングルとしてリリースされた“It’s A Beautiful World”のカップリング曲としてリリースされている。日本では『フー・ビルト・ザ・ムーン?』のボーナス・トラックとして収録されている楽曲でもある。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY

    (出典 nme-jp.com)

    https://nme-jp.com/news/57151/


    【(2chまとめ)【音楽】ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす】の続きを読む


    元オアシスのゲム・アーチャー、バンドが解散した時の心情を振り返る - http://nme.com
    元オアシスとビーディ・アイのギタリストで、現在はノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズに参加しているゲム・アーチャーはオアシスが解散した当時について振り返っ ...
    (出典:http://nme.com)



    (出典 www.tvgroove.com)


    ほう。

    1 ぽんちきぽんぽんちき ★ :2018/08/21(火) 20:11:39.89 ID:CAP_USER.net

    2018.8.20 月曜日
    ノエル・ギャラガー、フジロックフェスティバルのステージで遭遇した虫について語る

    ノエル・ギャラガーはかつてフジロックフェスティバルのステージで遭遇した虫について語っている。


    ノエル・ギャラガーはその中で
    「フジロックフェスティバルで子猫くらいの大きさの虫が飛んできたというのは本当ですか?」
    という質問に答えており、
    「日本へは行ったことある?」
    というノエル・ギャラガーの質問にマット・モーガンが
    「いいえ」
    と答えると、ノエル・ギャラガーは次のように続けている。

    「日本の夏っていうのは、それが冗談にならないんだよ。
    山の上でやってるフジロックフェスティバルっていうのがあるんだけどさ、イギリスにいるトンボみたいなデカい虫がいて、(犬の)ジャック・ラッセル・テリアくらいのデカさなんだ」

    「信じられないデカさなんだよ。
    それがレーザーで照らされるとなると、凄まじいんだ。
    一匹が俺のマイクの上に飛んできて、怒ったように羽を震わせてきてね。
    間違いなく怒っていたと思うよ。
    刺されたりしたことはないけど、きっと刺してくるような虫だと思うよ」


    kwskソース読んで
    https://nme-jp.com/news/59846/


    【(2chまとめ)【音楽】ノエル・ギャラガーさん語る「日本の夏はやばい、信じられないデカさの虫がいる」】の続きを読む


    リアム・ギャラガー、パートナーのデビーの誕生日を祝しレアなツーショット写真を公開(rockinon.com) - Yahoo!ニュース
    リアム・ギャラガーが、パートナーのデビー・グワイサーの誕生日を祝いTwitterにツー.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 images.rollingstonejapan.com)


    ほう。

    1 湛然 ★ :2018/04/23(月) 22:30:30.20 ID:CAP_USER9.net

    2018.4.23 月曜日
    リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに

    リアム・ギャラガーはザ・ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかになっている。

    ザ・ローリング・ストーンズは5月から6月にかけて5年ぶりとなるUK&アイルランド・ツアーを行うことが決定しているが、そのサポート・アクトが発表されている。

    5月22日のロンドン公演にリアム・ギャラガーが、5月25日のロンドン公演にフローレンス・アンド・ザ・マシーンが、5月29日のサウサンプトン公演にザ・ヴァクシーンズが、6月2日のコヴェントリー公演にザ・スペシャルズが、6月5日のマンチェスター公演と6月9日のエジンバラ公演にリチャード・アシュクロフトが、6月15日のカーディフ公演にエルボーが、6月19日のトゥイッケナム公演にジェイムス・ベイが出演することが今回発表されている。

    先日、ザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツはバンドが解散しても「困る」ことはないとしている。

    「ドラムを叩くのは大好きだし、ミックやキースと演奏するのも大好きだけど、あとどれだけやるかは分からないよ」とチャーリー・ワッツは『ガーディアン』紙に語っている。「ザ・ローリング・ストーンズがもういいよということになっても困ることはないからね」

    彼は次のように続けている。「友好的じゃない形で終わるのはイヤだね。ミックでも、自分でも、キースでも、誰でもいいけれど、どんな理由にせよもうやりたくないと言ってほしい。分かったっていうだけだからね。口論とかにはなってほしくないよね」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/11/getty_liam_mi*_jagger_1000-720x457.jpg
    https://nme-jp.com/news/53572/


    【(2chまとめ)【音楽】リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに】の続きを読む

    このページのトップヘ