X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:スポーツ > プロレス


    プロレス実況は言葉がはみ出せる/古舘伊知郎連載2 - 日刊スポーツ
    今年4月に母校・立大の客員教授に就任して、講座「現代社会における言葉の持つ意味」を担当する、フリーアナウンサー古舘伊知郎(64)。来月5日には“ロックの聖地”…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 s.boku-pro.com)


    ほう。

    1 名無しさん :2019/07/07(日) 08:56:28.22

    公式HP
    https://www.njpw.co.jp
    CSテレ朝チャンネル
    http://www.tv-asahi.co.jp/ch/wrestling/

    ※テレビ放送専用スレッドです。
    ネット動画配信は【NJPW】新日本プロレスワールド スレへ。

    前スレ
    【テレ朝ch2】新日本プロレス 実況 Part105
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/dome/1560071805/
    【テレ朝ch2】新日本プロレス 実況 Part106
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/dome/1560075341/


    【【実況】新日本プロレス 実況 Part108】の続きを読む


    中邑真輔が不敵な笑み IC王者ベイラーに強い興味 - 日刊スポーツ
    元US王者中邑真輔(39)がインターコンチネンタル(IC)王座に強い興味を示した。バックステージでIC王者フィン・ベイラーが7日のPPV大会スーパー・ショーダ…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 news.nifty.com)


    ほう。

    1 U-名無しさん :2018/05/20(日) 02:10:48.64 ID:IYoLM3hf0.net

    勘違いすんなカス


    【【ホント】本田圭佑よりも中邑真輔の方が世界的には知名度が高い】の続きを読む


    WWE中邑真輔が凱旋試合初勝利「イヤァオ!」合唱 - 日刊スポーツ
    元US王者中邑真輔(39)がWWEのCOO(最高執行責任者)でもあるレジェンドのトリプルH(49)とドリームタッグを組み、スマックダウン昇格後、凱旋(がいせん)試合初勝利 ...
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 s.boku-pro.com)


    ほう。

    1 THE FURYφ ★ :2019/06/28(金) 23:20:57.44 ID:Okiau2BC9.net

    WWEの日本公演「Live Tokyo」(28、29日=両国国技館)初日大会が開催され、メインのWWEユニバーサル王座戦は
    王者のセス・ロリンズ(33)が“黒いロックスター”中邑真輔(39)を撃破して王座防衛に成功した。

    中盤までは中邑が一方的に攻めた。王者をエプロンに置いて上下からヒザの乱れ打ち。さらにはコーナーに押し込んで
    グッド*レーションを決めた。

    しかし王者はスリングブレイドからファルコンアローで中邑の動きを止めると、トペ・スイシーダ連打、スワンダイブ式ニーアタックで
    一気に流れを変えてしまう。

    中邑は変則的な動きからアームバーへ移行。王者はこれを強引に抱え上げるも、コーナーで体を入れ替えた中邑がヒザで
    顔面に入れてペースを奪い返す。

    そして必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)へ。ここは王者が寸前で読みきってレボリューションニーから
    フロッグスプラッシュを決める。勝負ありと思われたが、一瞬のスキをついて中邑が鮮やかなキンシャサ弾を決めた。

    しかし3度目はカウンターのスーパーキックで迎撃され、最後は必殺のストンプ(後頭部への踏みつけ)で3カウントを奪われた。

    昨年11月「サバイバー・シリーズ」の初対決から7か月。両雄の激突はさらにレベルアップしたことを証明した。惜しくも敗れた
    中邑だが、29日大会ではロバート・ルード(42)と激突。今後はフィン・ベイラー(37)が保持するWWEインターコンチネンタル王座に
    照準を合わせる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000056-tospoweb-fight


    【【プロレス】“黒いロックスター”中邑真輔はセス・ロリンズに惜敗!ユニバーサル王座奪取ならず=WWE日本公演】の続きを読む


    中邑真輔はいつWWEで天下を獲る?引退まで「あと5年」告白の真意。(原悦生) - Number Web
    日清のカップ麺「どん兵衛」のコマーシャルが大人気のWWEの中邑真輔だが、中邑の両手がクネクネと絡んでいるのは「どんぎつねさん」の大きなシッポばかりではない。
    (出典:Number Web)


    中邑 輔(なかむら しんすけ、1980年2月24日 - )は、日本のプロレスラー。京都府峰山町(現:京丹後市)出身。京都府立峰山高等学校、青山学院大学経営学部卒業。血液型A型。アメリカ合衆国フロリダ州オーランド在住。 小学生の頃には空手を習いたいと思ったが、すぐやめた。中学生になるとバスケットボー
    67キロバイト (8,916 語) - 2019年5月15日 (水) 11:03



    (出典 aozora-pw.com)


    プロレス、最近、見てないな、楽しそう。

    1 THE FURYφ ★ :2019/06/29(土) 23:21:24.73 ID:Vki4Wvsi9.net

    世界最大のプロレス団体WWEの日本公演「Live Tokyo」(東京・両国国技館)は29日、最終日を迎え、中邑真輔(39)が
    トリプルH(49)との“ドリームタッグ”を結成した。

    中邑は大会初日の前日(28日)、WWEユニバーサル王者セス・ロリンズ(33)との王座戦で惜敗した。当初の発表では、
    この日はロバート・ルード(42)とのシングルマッチが組まれていたが、開始直前になってルード、サモア・ジョー(40)組との
    タッグマッチに変更に。パートナーが誰になるのかは試合まで伏せられた。

    母国凱旋で大歓声を受けた中邑に続いて姿を現したのは、何とトリプルHだ。2008年以来11年ぶりの日本大会出場となった
    “知的な暗殺者”と中邑のサプライズ共闘に、会場のボルテージは最高潮に達した。

    得意の「サックイット!」を決めたトリプルHは、中邑と*レーションストンピングの共演。この千両役者ぶりに呼応するかのように、
    中邑も躍動した。

    ルードのグロリアスDDTを阻止してファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げると、今年1月にWWEを退団したかつての同僚KENTAの
    必殺技であるゴー2スリープの要領でヒザを叩き込む。ジョーをペディグリーで排除したトリプルHの好アシストを受け、最後は必殺の
    キンシャサ・ニー・ストライクでルードを沈めてみせた。

    出場予定だった昨年6月の日本公演では直前に爆発物探知犬にかまれて負傷するアクシデントで欠場。17年9月以来の日本での
    試合となったこの2日間で、圧倒的な存在感を発揮した。

    試合後、トリプルHに手を上げられ、活躍をたたえられた中邑は代名詞でもある「イャアオ!」を大合唱してリングを下りた。今後は
    フィン・ベイラー(37)がベルトを持つWWEインターコンチネンタル王座戦線への参入が濃厚で、その動向に注目が集まりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000041-tospoweb-fight

    画像

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【プロレス】中邑真輔が“知的な暗殺者”トリプルHと夢の合体「イャアオ!」=WWE日本公演】の続きを読む


    飯伏断言「新日本プロレスに残ります」 NEW JAPAN CUPで復帰へ - GignoSystem Japan, Inc.
    エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)『THE NEW BEGINNING in OSAKA』(2019年2月11日) 去就が注目されていた飯伏幸太が第4試合終了後にあいさつ。「僕は新日本 ...
    (出典:GignoSystem Japan, Inc.)


    新日本プロレスリング株式会社(しんにほんプロレスリングかぶしきがいしゃ)は、日本のプロレス団体。通称「新日本プロレス(しんにほんプロレス)」。業務提携先に興行部門として自主興行をプロモートする新日本プロモーション株式会社(しんにほんプロモーションかぶしきがいしゃ)と関西興行をプロモートする新日本プロ
    172キロバイト (12,000 語) - 2019年2月12日 (火) 07:33



    (出典 d22nzdvrm3cwa6.cloudfront.net)


    ほう。

    1 風吹けば名無し :2019/02/12(火) 01:06:13.38 ID:PAWxnKIG0.net

    ええんか?


    【【悲報】新日本プロレス、ゴリ押し塩外人が戴冠してしまう(2chまとめ)】の続きを読む

    このページのトップヘ