X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:生活のニュース > 車とか


    「e-BOXER」搭載の新型「フォレスター」も走った! 「SUBARU ゲレンデタクシー」がスタート - Car Watch
    リフトの代わりの無料タクシーとしてスバルのSUVに同乗できる「SUBARU ゲレンデタクシー」が、1月19日~20日の栂池高原スキー場を皮切りに始まった。
    (出典:Car Watch)


    SUBARU (スバル自動車からのリダイレクト)
    株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の重工業メーカーである。 かつての商号は、「富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称:富士重(ふじじゅう)・富士重工(ふじじゅうこう)、英語: Fuji Heavy Industries Ltd
    68キロバイト (8,690 語) - 2019年1月7日 (月) 21:07



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    ほう。

    1 阻止押さえられちゃいました :2018/12/29(土) 22:55:01.86 ID:/gkEtBZz.net

    前スレ
    [FHI謹製]スバル サンバー Ver.76[バン・ワゴン]
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/kcar/1541892463/
    「世の中には2種類の車が有る。FHI謹製サンバーとそれ以外だ!」
    フルキャブ・RR・4輪独立懸架、スバル360以来の伝統を脈々と受け継ぎ51年。
    惜しまれつつも2012年に生産を終了したスバルの影の主役、サンバーバン/ディアスワゴンを語りましょう。
    車メ板で難民状態のドミンゴ海苔さんもこちらでどうぞ。


    【(2chまとめ)[FHI謹製]スバル サンバー Ver.77[バン・ワゴン]】の続きを読む


    軽自動車ばかりが売れる日本はダメなのか (1/2) - BLOGOS
    2018年の車名別新車販売台数で、ホンダの軽自動車「N‐BOX」が2年連続で首位となった。軽自動車はトップ10のうち7車種を占め、全体シェアも3分の1を越えている。
    (出典:BLOGOS)


    自動車 > 日本における自動車 > 軽自動車 軽自動車(けいじどうしゃ)とは、現行の道路運送車両法からすれば、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。
    119キロバイト (13,887 語) - 2019年1月15日 (火) 02:11



    (出典 a248.e.akamai.net)


    ほう。

    1 名無しさん@おーぷん :2019/01/18(金)19:51:44 ID:XpO

    ほんとみてて恥ずかしい
    まともな社会人じゃないやろ


    【(2chまとめ)軽自動車乗ってる男って惨めだよな】の続きを読む


    新型トヨタ・スープラとBMW Z4を比べてみよう! 0-100km/h加速は? 最高速度は?〈TOYOTA SUPRA × BMW Z4〉 - MotorFan[モーターファン]
    トヨタとBMWの共同開発によって生まれた新型スープラ。このほどデトロイト・モーターショーにてその詳細が明らかになった。ここでは、ひとあし先に発表された兄弟車で ...
    (出典:MotorFan[モーターファン])


    スープラ トヨタ・スープラ - かつてトヨタ自動車が販売していた自動車。 スーパープラネット - かつてパチスロメーカー山佐が発売していたパチスロ機の略称。 エクスタスープラ712 - クムホのタイヤ。
    386バイト (39 語) - 2014年9月13日 (土) 08:11



    (出典 a248.e.akamai.net)


    ほう。

    1 ばーど ★ :2019/01/15(火) 19:31:50.43 ID:qAwA6mwk9.net

    トヨタ自動車は1月14日(米国東部時間)、17年ぶりの復活となる新型『スープラ』を「デトロイトモーターショー2019」にて世界初披露した。日本での発売は2019年春頃を予定しているが、価格は未定。発表に合わせて公開されたエンジン展開、日本仕様の写真を紹介する。

    ■「86」より短いボディ、低い重心高

    新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racing が展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデル。2007年のニュルブルクリンク24時間耐久レース初参戦以来、TOYOTA GAZOO Racing がモータースポーツを通じて蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ込み、「GR SUPRA」として新たに誕生した。車体をBMWのオープンカー『Z4』と共有していることでも話題となっている。

    新型スープラは、卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現するため、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターと捉え、ピュアスポーツカーとしての理想を追求した。

    ホイールベースは『86』よりも100mm短い2470mmとし、ホイールベース/トレッド比は量産スポーツカートップレベルの1.55を実現。優れた回頭性に寄与している。また、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低い重心高を実現したほか、前後重量バランスも理想とされる50:50の配分を達成している。

    ■トヨタスポーツカーの伝統を継承

    デザインコンセプトは「Condensed(凝縮された) Extreme(過激な) L6 FR “TOYOTA" Sports」。エクステリアでは、ショートホイールベースと大径タイヤによる、タイヤの存在を強調するサイドビューパッケージや、2シーターらしいタイトなキャビンとワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンス、直6・FRモデルらしいロングノーズショートキャビンシルエットなどが特徴だ。

    また、空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフや、ランプを車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法など、かつて『トヨタ2000GT』なども採用した、トヨタスポーツカーの伝統を継承している。

    インテリアは、薄いインパネと高く幅広いコンソールによる、典型的なFRスポーツカー空間を創出。シフトバイワイヤ式シフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイによる、運転席中心でタイトな新世代コクピットレイアウトを採用。スポーツカーとしてのパッケージレイアウトの特徴を活かし、GRシリーズ初の「グローバルモデル」にふさわしいスポーツスタイルを目指した。

    パワーユニットは、スープラの伝統を継承する直6・3リットルターボ(日本ではRZグレードに搭載)に加え、スポーティドライブを気軽に楽しむ直4・2リットルターボ(同SZ-R/SZグレードに搭載)を用意する。最高出力340psの直6・3リットルツインスクロールターボエンジンは、最大トルク500Nmを1600rpmという低回転で発生。アクセル操作に応じた思い通りの加速が味わえる。

    直4・2リットルターボには、チューニングの異なる2つのツインスクロールターボエンジンを設定。最高出力258psで軽快なスポーツ走行を楽しめるエンジンと、最高出力197psで街中から高速道路まで

    以下ソース先で


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    2019年1月15日(火)06時00分 レスポンス
    https://response.jp/article/2019/01/15/318021.html

    ★1が立った時間 2019/01/15(火) 07:32:13.12
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547534673/


    【(2chまとめ)【車】17年ぶり復活、トヨタ スープラ 新型が世界初披露、、、2Lターボ車も 価格未定 ★4】の続きを読む

    このページのトップヘ