X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:カルチャー > 戦国武将


    【山本一郎】「信長の野望・大志」アフター・アクション・レポート。義清物語(前編) 立身興国! 本人以外無能軍団村上家の逆襲 - 4Gamer.net
    山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」で,今回お届けするのは,「信長の野望・大志」のAAR(アフター・アクション・レポートだ)。山本氏で戦国といえば「姉 ...
    (出典:4Gamer.net)


    山浦景国(村上国清) 村上義村上義村上義村上義村上義満正室 内山清宗正室 村上義房正室 ? 高梨頼治正室 会田清幸正室 屋代政国正室 子孫 村上義清 - 山浦景国 - 山浦幸清 - 村上義豊 - 村上義眞 - 村上義教 - 村上泰国 - 村上義處 - 村上義輔 - 村上義暁 - 村上義信 -
    12キロバイト (1,596 語) - 2019年4月7日 (日) 22:36



    (出典 sengoku-g.net)


    あまり、イメージがない。大河で、やってください。

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/10/18(水) 20:03:49 ID:3ku5vPfM.net

    北信濃の雄
    武田信玄を2回も破った


    【【戦国武将】信濃の村上義清についてカタルーニャ】の続きを読む


    浅井長政とお市の方の屋敷跡に建物遺構 滋賀・小谷城跡 - 産経ニュース
    戦国武将の浅井長政(あざい・ながまさ)と妻、お市(いち)の方の悲劇の舞台として知られる滋賀県長浜市の小谷(おだに)城跡(国指定史跡)で、2人が生活したと伝えられ…
    (出典:産経ニュース)


    浅井 長政(あざい ながまさ、旧字体表記:淺井 長政)は、戦国時代の武将。北近江の戦国大名。浅井氏の3代目にして最後の当主。 浅井氏を北近江の戦国大名として成長させ、北東部に勢力をもっていた。妻の兄・織田信長と同盟を結ぶなどして浅井氏の全盛期を築いたが、後に信長と決裂して織田軍との戦いに敗れて自害
    23キロバイト (3,335 語) - 2018年12月30日 (日) 10:50



    (出典 ibis.jp.net)


    ほう。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/01/21(日) 13:51:36.051 ID:2W/jMlow0.net

    ・京に近い
    ・織田信長との同盟


    【【歴史】浅井長政って上手くやれば天下取れたんじゃね?(2chまとめ)】の続きを読む


    小谷城跡:浅井長政「屋敷跡」から遺構 16世紀の皿や溝 - 毎日新聞
    戦国大名の浅井(あざい)長政(1545~73)の居城だった滋賀県長浜市の国史跡・小谷(おだに)城跡で、城主の居館「御屋敷(おやしき)」跡と伝わる場所から石組みの溝や ...
    (出典:毎日新聞)



    (出典 history.monovtube.com)


    ほう。

    1 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/01/04(水) 19:24:04.32 0.net

    ポケモー

    Q偉大だとおもう人は?

    横山玲奈   浅井長政(あざいながまさ)さんです。本で見た瞬間好きになりました。
    織田信長さんとの同盟を裏切り、信長さんとの戦が始まり、浅井長政さんは負けてしまうのですが、
    敗れたあとの長政さんの行動がすごいかっこいいんです!長政さんの奥様が、織田信長さんの妹さんだったのですが、
    戦に敗れた後、信長さんの元へ奥様を送り出し、一人で自殺をするんです。
    その行動が本当にかっこいいなと自分的に思って、好きです。


    【横山玲奈『好きな戦国武将さんは浅井長政さんです』(2chまとめ)】の続きを読む


    (文化の扉 歴史編)異説あり 上杉謙信「仁将」の実像 隣国に野心・寺社焼き打ちか/後世に美化? - asahi.com
    義のために戦い、敵に塩を送ることも――。戦国武将の上杉謙信は、当時当たり前だった侵略行為をせず、「仁将」「義将」とされてきた。だが、その実像は大きく異なってい ...
    (出典:asahi.com)



    (出典 upload.wikimedia.org)


    ほう。

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/24(木) 20:00:42.22 ID:kevF3o8G0.net BE:155743237-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    海外研究者たちは“日本史の平和さ”に感心している!? 古代の戦いから日本のかたちが見えてくる!
    2019/1/24

    明治に鎖国が解かれて以降、緊張した国際関係の中で諸外国との争いが絶えなかった歴史がある。
    だが、それ以前の時代に目を向けると、日本人の争いといえば主に「内戦」。
    地理的条件も手伝って、外国からあまり攻撃されることがなかった日本では、
    「武士」が台頭してから日本人同士による「内戦」が繰り返されてきたのは一般に知られるところだ。

    第一線の古代史研究者・倉本一宏氏の『内戦の日本古代史(講談社現代新書)』(講談社)を読めば、
    そうした内戦はいきなり武士の世になって勃発したわけではなく、壬申の乱など
    古代から繰り返されてきたことがよくわかる。よくもこんなに狭い国土でそんなに争ったものだ…と思ってしまうが、
    実は日本の内戦の数や規模というのは、中国やヨーロッパ、イスラム社会と比較するとかなり小さなものらしい。
    実際、著者の友人の海外研究者たちは「みな日本史の平和さについて感心(かつ感動)している」というのだ。

    なぜ「平和」なのだろう? 本書では倭王権の成立時から武士の世の胎動までの内戦を通じて
    日本のかたちを捉え直そうと試みるが、その中からみえてくる答えの鍵は「王権」のあり方だ。
    (後略)

    https://ddnavi.com/review/514659/a/


    【(2chまとめ)戦国時代とは言うけど上杉謙信は京に平和的に2回も上洛してるんだが 信長も美濃攻略前に上洛してる】の続きを読む


    長野市、川中島古戦場史跡公園を再整備へ - 日本経済新聞
    長野市は戦国時代に武田信玄と上杉謙信が戦った地として知られる川中島古戦場史跡公園を再整備する方針を明らかにした。施設の老朽化が進んでいることなどが理由。
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 kotobank.jp)


    ほう。

    1 風吹けば名無し :2018/11/21(水) 06:35:54.96 ID:NtsxRBDe0.net

    美談になってるけど冷静に考えてガイジだろ


    【(2chまとめ)上杉謙信てほんとに塩送ったん?】の続きを読む

    このページのトップヘ