X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:スポーツ > 大相撲


    大相撲の横綱・稀勢の里が現役引退を表明 『スッキリ』泉ピン子の発言に共感する声 - ニフティニュース
    16日、大相撲の横綱・稀勢の里が現役引退を表明、師匠の田子ノ浦親方が明らかにした 『スッキリ』(日本テレビ系)に出演していた泉ピン子の発言に共感する声が相次いだ ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 www.class-l.jp)


    ほう。

    1 ニライカナイφ ★ :2019/01/17(木) 09:43:34.93 ID:TyGWsfiA9.net

    ◆ 消えた日本出身横綱 次代のスターは現れるか

    16日に現役を引退した横綱稀勢の里という国産の金看板を失った相撲界の上位陣には、モンゴル人の白鵬、鶴竜の両横綱を筆頭に外国出身力士が顔をそろえる。

    昨年に初優勝を果たした御嶽海と貴景勝ら頭角を現してきた日本人の若手は一層の奮起を求められる。
    相撲界の隆盛には国産スターが不可欠。

    稀勢の里が圧倒された朝青龍、白鵬というモンゴル人横綱が覇を競った時代、国技館は空席が目立った。
    満員御礼の盛況となったのは、稀勢の里が外国人を相手に孤軍奮闘した姿と無縁ではない。

    スター候補はいる。
    今場所で2横綱1大関を下した26歳の御嶽海は「自分が引っ張る」と若手のリーダー格を自任する。

    4日目に御嶽海に敗れた22歳の貴景勝も3連勝スタートだった。
    「相撲を取っている以上は上を目指す」と大関、横綱を見据えて奮戦中だ。

    稀勢の里の代役がすぐに務まるわけではない。
    しかし、地位が人をつくるように、実績を積み上げれば風格は備わってくる。
    相撲界隆盛のためにも、外国人に立ち向かう国産力士の成長が待たれる。(奥山次郎)

    (写真)16日の大相撲初場所4日目、取り組み前、御嶽海を応援する人たち=両国国技館(撮影・佐藤徳昭)

    (出典 image.news.livedoor.com)


    産経新聞 2019年1月17日 7時7分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15883675/


    【(2chまとめ)【相撲】<日本人横綱引退> 外国人力士に立ち向かう次世代のスターは御嶽海と貴景勝】の続きを読む


    御嶽海が横綱連破「若手のリーダー」として存在感 - 日刊スポーツ
    小結御嶽海(26=出羽海)が、初の横綱戦2連勝でロケットスタートを決めた。初日の稀勢の里に続き、この日は鶴竜を一方的に攻めて押し出した。昨年は名古屋場所で初優 ...
    (出典:日刊スポーツ)


    御嶽海 久司(みたけうみ ひさし、1992年12月25日 - )は、長野県木曽郡上松町出身で出羽海部屋所属の現役大相撲力士。本名は大道 久司(おおみち ひさし)。身長179cm、体重170kg、血液型はO型。得意技は突き・押し。自己最高位は東関脇(2017年9月場所 -
    59キロバイト (8,958 語) - 2018年12月25日 (火) 03:41



    (出典 www.sankei.com)


    ほう。

    1 Egg ★ :2019/01/19(土) 06:55:42.21 ID:p1IPy3W79.net

    ◆大相撲初場所 6日目 ○妙義龍(押し出し)御嶽海●(18日・両国国技館)

    初日から5連勝中と好調だった小結・御嶽海がアクシデントに襲われた。小結・妙義龍に押し出された際に左膝を負傷。都内の病院へと直行し、優勝争いから一転、出場も危ぶまれる事態に陥った。
    6日目から横綱・鶴竜も休場。全勝は一人横綱となった白鵬、前頭6枚目・阿武咲の2人だけとなった。

    御嶽海の左膝に、激痛が走った。妙義龍に押し出されて土俵下、顔をしかめて両手を膝についた。戻ろうとしたが歩けず、今度は土俵に手をつき、ひざまずいた。
    うずくまったまま約50秒。呼び出し2人に両肩を抱えられ、左足を浮かせて花道を引き揚げると車いすへ。支度部屋に戻らず、館内の診療所へ直行した。

    約10分後に診療所から出てくると、車で都内の病院に向かった。乗り込むために左足を曲げた際は声が出るほど痛む様子だった。
    師匠の出羽海親方(元幕内・小城乃花)は「はっきりとは分からない。きちっとMRI(磁気共鳴画像)とか取らないと。(7日目出場は)あんまり無理はさせられない」と話した。
    負傷した場面は「本人は『残ったときに痛めた』と」。土俵際、俵で左足を踏ん張った際に負傷した。

    2横綱1大関を破り、前日まで5連勝だった優勝候補。過去に体調不良の休場はあるが、今回は自身初のけがでの休場ピンチとなった。7日目から全休となれば、小結で5勝止まり。
    現在、歴代5位タイの12場所連続三役在位も途切れる。病院で検査を受けた御嶽海は「大丈夫です。明日(7日目)も出られます。筋肉疲労みたいなもの」と答えたが、松葉づえを使って歩く状態だった。

    1/19(土) 6:14配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000007-sph-spo

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【(2chまとめ)【大相撲】<御嶽海>左ひざ負傷で休場危機! 松葉づえでも「出られます」】の続きを読む

    このページのトップヘ