X線室

X線室は、国内・海外の幅広いニュースをまとめて発信します。 気になる記事をご覧ください。

    カテゴリ:社会のニュース > 企業


    コメリ/埼玉県秩父市に「ハード&グリーン秩父黒谷店」オープン - 流通ニュース
    コメリは5月1日、埼玉県秩父市に「ハード&グリーン秩父黒谷(ちちぶくろや)店」をオープンする。
    (出典:流通ニュース)



    (出典 pic1.homemate-research.com)


    ほう。

    1 ばーど ★ :2018/11/20(火) 22:56:35.35 ID:CAP_USER9.net

    国定市長(右)に2億円の寄付の目録を手渡す捧ミヨエさん(中央)と捧雄一郎社長(左)

    (出典 www.kenoh.com)


    5月に84歳で亡くなったホームセンター業界大手の株式会社コメリ(捧雄一郎社長・本社新潟県新潟市南区)の創業者捧賢一氏(新潟県三条市興野2)の遺族が、故人の遺志を継いで三条市や市民への感謝の気持ちとして、次代を担う子どもたちのスポーツ環境整備に使ってほしいと19日、三条市に2億円を寄付した。

    午前11時にコメリの捧雄一郎社長と亡くなった捧氏の妻ミヨエさん(84)の2人が市役所を訪れ、2億円の目録を国定勇人市長に手渡した。

    捧雄一郎社長は寄付の経緯などについて話し、会長(捧賢一氏)は、三条市で生を受け、三条市から事業をスタートし、お世話になり、ビジネスを成功させてもらったと思っている。会長自身も常日頃から、地域の皆様に育てて頂いたと話していた。

    どういうご恩返しができるか話していた時に、ビジネスでお役にたつことが一番大事だが、お世話になった市民の皆様やお客様にご恩返しをしていくことと、繰り返し話していた。今回の寄付は、子どもたちのスポーツ環境の整備とし、時代を担う子どもたちの健全な育成に寄与したいということが会長と私どもの願いとした。

    また、芸術や文化に貢献するイメージも強い捧氏だが、スポーツが大好きだった。ボウリングではマイボールを持つほどで、ホームセンター事業に参入するときに「1番好きなことを断つ」と決め、以来、ゴルフをしなかったという。10年近く前には多忙のなか、当時、三条高校の野球部だった孫の練習をこっそり見に行っていたエピソードもミヨエさんが明かした。

    国定市長は、「三条市コメリ捧賢一記念少年スポーツ育成基金」を創設し、できるだけ長く、子どもたちのために使い続けたいと感謝した。

    2018.11.19
    http://www.kenoh.com/2018/11/19_sasage.html


    【【ホームセンター】コメリ創業者捧賢一氏、遺族の2億円の寄付で三条市コメリ捧賢一記念少年スポーツ育成基金を創設】の続きを読む


    コンビニ「見切り販売」、まだ残る本部の圧力 公取注視の実態、録音を入手(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース
    公正取引委員会(公取)がコンビニの実態調査を検討している。6月4日、毎日新聞が報道.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 www.ryutsuu.biz)


    ほう。

    1 ガーディス ★ :2019/06/09(日) 19:54:08.56

    ●時短容認も「夜間スタッフ必要」でメリットなし
    あるオーナーは本部の経営相談員から、時短営業についての説明を受けたという。

    大きなポイントは3つ。(1)本部への支払いが増える、(2)夜間の配送は継続、(3)配送を受けるために夜勤が1人いる。

    どの大手も24時間営業に対して、金銭的な見返りがある。24時間をやめるのだから、ロイヤリティーが増えるなど、本部に納める金額が増えるのは仕方がない面もあるだろう。

    ただ、このオーナーが不満に感じているのは配送の部分だ。

    加盟店の利益が減るとしても、休む時間がとれ、人件費を削れるのならメリットはある。しかし、スタッフが必ずいなければならないのなら、人件費は24時間営業しているときとあまり変わらない。むしろ営業していれば、わずかでも売上はある。

    「時短をしても人件費は減らないのに、オーナーの収益は減る。これでは時短したくても、する意味がないように感じます。本部は『時短を認めて、オーナーの負担を少なくしています』という風にアピールしていますが疑問です」

    コンビニの配送を担うトラック業界も、人手不足や過重労働が問題になっている。配送の調整は容易ではない。だが、形式だけ時短を認めても、これでは負担軽減とは言えないのではないか。配送を変えられないのなら、そのことを前提に支援策を考える必要がある。

    ●ドミナントで月の収益が30万円減る、「家族路頭に迷う」
    別のオーナーはこの春、店の近くに同じチェーンの新店を出されたばかり。

    「今のところ、日販は10万円以上減っています。月にすると、店の利益が30万円以上減る計算です。いつまでこの状況なのか不安しかありません」

    新店の計画があると知らされたのは半年ほど前。本部の担当者に見直しを求めてきたが、聞き入れてはもらえなかった。

    「売上がなかなか伸びず、開店時の借金を返せないどころか、貯金が減る一方でした。この1年ほど売上が平均に近づき、ようやく余裕が出てくるかなと希望を持ち始めたところでした。心が折れましたよ」

    そんなオーナーに本部がしたアドバイスは「生活費を減らせ」だったという。

    「人件費を削るため、休みなしで働いている。それでも生活はギリギリ。貯金がないから、いざというときに出せるお金がない。もう自己資本金を割っても補填するお金がない。このままだと、一家路頭に迷うしかない」

    ●見切り販売「『しないでください』とは言えませんが…」
    3人目のオーナーはこの春、本部に見切り販売をしたいと打ち明けた。しかし、本部側は「店に決定権がある」とは言ったものの、データを示すわけでもなく「店舗価値が下がる可能性がある」と繰り返し、渋り続けた。

    「やめろ」と言っていないだけで、圧力をかけているのは明らかだ。セブンの見切り販売制限に排除措置命令が出てから10年。キャンペーン以外で弁当類の値引きが広がらない背景の1つに、本部側のこうした姿勢があると考えられる。

    確かに、見切りが万能ではない可能性はある。だが、逆効果だと思うのなら、具体的な根拠を示せば良い。そうすればオーナーに疑念を抱かせなくて済むはずだ。やり取りから伝わってくるのは、本部が見切り販売を迷惑がっているということだ。

    このオーナーは「ああいう風に言われたら、今後何をされるか分からないので見切りなんてできないですよ」と話す。

    以下、録音から主なやり取りを紹介する。

    【主なやり取り(特定を避けるため、一部表現を改めています)】

    オーナー「見切り販売をしたいんですけど」

    本部「お店に決定権があるので、『しないでください』と言うことはできないんですが…。ただ、オーナーさんの都合を優先して店舗運営してしまうと、オーナーさんにとってもプラスにはなりませんよ」

    オーナー「見切り販売で、利益が増えたというニュースも出ているじゃないですか。少しでも利益を多くしたいんですけど」

    本部「見切り販売を『絶対にしないでください』とは私どもからは言えません。

    ただ、店舗価値をオーナーさんの都合で下げてしまうことがあったら、オーナーさんにとってもプラスではないんですよね。それをご理解いただけませんか。店舗の価値を下げてしまうと、お客様が離れていく可能性は十分あります」

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16590992/


    【某コンビニ本社「時短営業してもいいが夜間の配送は継続するから夜勤を1人配置しろ。あと本部への支払いも増える」】の続きを読む


    防衛省、調査・研究予算を執行できない状況に - TBS News
    防衛省の調査・研究に係わる予算が、中国などに防衛機密が漏洩する懸念から執行できない状況になっていることがJNNの取材で分かりました。 政府関係者によりますと、 ...
    (出典:TBS News)


    防衛大臣(ぼうえいだいじん、英訳: Minister of Defense)は、日本の防衛省の長たる国務大臣。 他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で
    23キロバイト (1,088 語) - 2019年4月23日 (火) 17:16



    (出典 d1z3vv7o7vo5tt.cloudfront.net)


    ほう。

    1 ばーど ★ :2019/06/06(木) 14:20:45.42

    防衛省、調査・研究予算を執行できない状況に

     防衛省の調査・研究にかかわる予算が、中国などに防衛機密が漏洩する懸念から執行できない状況になっていることがJNNの取材で分かりました。

     政府関係者によりますと、今年度の予算で執行が出来ない状況なのは、自衛隊が使う防衛装備品などの調査・研究に関する予算です。

     対象には、いずも型護衛艦の事実上の空母化に向けた改修のための調査研究費などが含まれています。去年、防衛省のコンサルティング業務を請け負う企業の系列会社の幹部に中国人女性が就任したことなどから、防衛機密が漏洩する懸念が生じたためだということです。

     アメリカでは、トランプ大統領が中国の通信機器大手・ファーウェイなどの製品について、安全保障上のリスクがあるとして政府機関が使うことなどを禁じています。

     防衛省も今年5月、防衛機密の漏洩を防ぐため調査・研究などの業務の入札時に新たな規則を設け、経歴や国籍なども含めた「総合評価方式」にすることを決めました。

     現在、新たな規則を用いた入札に向けて所定の手続きを進めているということですが、「中国リスク」への対応を迫られている現状が浮き彫りになった格好です。

    6月6日 TBS
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3692585.html

    (出典 news.tbs.co.jp)


    【【防衛省】コンサル企業幹部に中国人女性が就任!防衛機密漏洩懸念で、自衛隊の装備品など調査・研究予算が執行できない状態に…】の続きを読む


    カジノ、ビール… 世界の利益トップ企業は多彩 - 日本経済新聞
    利益トップが製造業やIT系なのは実は日本やドイツ、米国、韓国、台湾などに限られる。世界を見わたすと、観光で稼ぐ小国はカジノが、中間層が増えるアフリカではビール ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    ほう。

    1 プティフランスパン ★ :2019/06/02(日) 07:02:38.67

    取材考記 東京経済部・宮地ゆう

     米シリコンバレーと北京で最近、同じ嘆きを聞いた。「日本からやってくる視察団に閉口している」というのだ。

     あるシリコンバレー企業の担当者は「最近は日本からの視察は断っている」と明*。100人以上の視察者を何度かに分けて受け入れてほしいという依頼もあったという。「時間を費やしても、相手からはビジネスの提案もなく、うちには何のメリットもない」とため息交じりだ。日本企業の年配の幹部が尊大な態度をとり、米国側の幹部が怒ってしまったこともあるそうだ。

     似たような話を、こんどは北京にいる日本の起業家からも聞いた。「日本から視察依頼がたくさん来るが、ただの見物。中には、若い経営者や中国企業を見下すような態度をとる人もいて困っているんです」という。

     シリコンバレーにあるスタンフ…残り:517文字/全文:857文字

    2019年6月1日09時30分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM5W416HM5WULFA00N.html
    ★1= 2019/06/02(日) 00:54:06.98

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559404446/


    【日本企業の視察受け入れ「メリットない」 米中で嘆き、、、「日本からやってくる視察団に閉口している」】の続きを読む


    景気の先行き示す指数 3か月連続悪化 景気ウォッチャー調査 - NHK NEWS WEB
    働く人たちに景気の実感を聞く先月の景気ウォッチャー調査では、現状を示す指数は小幅に改善したものの、先行きを示す指数は米中の貿易摩擦による雇用への悪影響が ...
    (出典:NHK NEWS WEB)



    (出典 upload.wikimedia.org)


    NHKから国民を守る党に期待。

    1 かばほ~るφ ★ :2019/05/14(火) 18:33:35.54

    NHK受信料収入、初の7千億円超え 5年連続過去最高
    5/14(火) 18:17配信

    NHKは14日、2018年度決算(単体、速報値)を発表した。
    受信料収入は前年度より209億円増の7122億円。
    5年連続で過去最高となり、初めて7千億円を超えた。
    受信料制度を合憲とした17年12月の最高裁判決が出たことや、
    営業体制の改革が進んだことが要因としている。

    受信料の支払率は前年より2ポイント増えて82%となり過去最高だった。
    一般企業の売上高にあたる事業収入(受信料収入を含む)は7332億円。
    事業収入から事業支出を差し引いた事業収支差金は271億円で、
    当初予算で見込んでいた40億円を大きく上回った。

    NHKは今年10月に予定されている2%の消費増税時に受信料額を据え置くことで、
    実質的な受信料値下げを行うため、今年度予算では事業収支差金は30億円の赤字を見込んでいるが、
    NHKは黒字になる可能性もあると説明している。

    5/14(火) 18:17配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000075-asahi-soci


    【【NHK】受信料収入が初の7000億円越え!5年連続で最高更新(好景気、不景気無縁)】の続きを読む

    このページのトップヘ